メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
                                               2012/11/07 第92回理事会
                                                               資料1-4

                   ITUのWCITにおけるITR改正について

以下の意見を、2012年11月2日(金)、WCIT-12パブリックコンサルテーションに
提出しましたので、ご報告します。

---------------------------------------------------------------------
提出版
---------------------------------------------------------------------
JPNIC recognizes the importance of ITU's role for international tele-
communications and supports its purpose, which is stipulated in Preamble
of International Telecommunication Regulations, ITR, as
"promoting the development of telecommunication services and their most
efficient operation while harmonizing the development of facilities for
world-wide telecommunications".

In 24 years since the current ITR was ratified in 1988 and until now,
the Internet made a dramatic expansion from what was a network for the
academic purpose which mainly covered the United States, to the global
infra-structure of the Information Society which now connects two
billion people in the world.

JPNIC observes that this dramatic and successful expansion has arisen
out of the open principles in the operations of the Internet.

The notable characteristic of the Internet, consistent from the early
days, is that interested parties in each and various segments are all
able to participate and be involved in its development process. It
includes areas such as the developments and standardization of
fundamental technologies, the technical coordinations and the policy
developments of the infrastructure operations, and the developments of
Internet services.

Additionally, in the standardization of fundamental technologies, the
final selection of the specification is left to operators, who are
the users of its technologies. This allows to have a system which
incorporates the specification which truly needs to be standardized.

Likewise, having reference materials and information constantly being
publicly made available in development processes of standards or
operational policies allows new entrants to easily join the process.

Moreover, the network layer specializes only in transporting data from
one subscriber to another, and the developments of services using such
data transfer function is delegated to various service developers. This
is the very reason that innovative services have always emerged on the
Internet.

Even if ITR would be revised to enable ITU to fulfill its roles and
objectives, JPNIC does expect sufficient and careful considerations to
be made, so that any amendment of ITR will not lead to putting the break
on the dramatic expansion and the creative innovation of services which
the Internet has made it happen, and is still continuing to make it
happen, based on its characteristics we have described.

Shigeki Goto
President, Japan Network Information Center (JPNIC)

---------------------------------------------------------------------
日本語訳
---------------------------------------------------------------------
国際電気通信におけるITUの役割は重要で、ITRの序文に掲げられている、世界
規模の通信設備を協調的に発展させ、かつ電気通信サービスの開発と効率的な
運営を推進するという目的には賛意を示す。

ITRが採択された1988年から現在に至るまでの24年間の間に、インターネットは
米国を中心とした学術目的のネットワークから、世界中の20億人が利用する、
情報社会の基盤へと、劇的な拡大を果たした。

この劇的な拡大を果たしたのは、インターネットのオープンな運営方針に起因
していると、JPNICは認識している。

インターネットの特徴は、その黎明期から一貫して、基盤技術の開発と標準化、
基盤運営の技術調整とルール制定、インターネット上のサービス開発など、あら
ゆる局面において、それぞれの当事者自身が関与できるようになっていることで
ある。

加えて、基盤技術の標準化においては、基盤技術の利用者である運用者に、
最終的な規格の選択が委ねられていることで、真に必要とされ利用される規格が
標準として取り入れられる仕組みを有している。

また、規格や運営ルールの策定においては、関連資料が常にパブリックに入手
可能であることが、新たに策定に参入することを容易としている。

さらに、ネットワークがデータを利用者から利用者へ転送することだけに特化
し、このデータ転送機能を用いたサービスの構築が、さまざまなサービス開発者
に専ら委ねられたことが、インターネット上で常に創造的なサービスが出現し
続ける結果に結びついている。

ITUがその目的や役割を果たすためにITRを改定する場合にも、その改定が、
これまでにインターネットがその特徴によって実現してきた、劇的な基盤拡大
と、サービスにおける自由な革新の、歯止めになることは避けるべきであり、
この点に十分な配慮がなされることを期待するものである。

後藤滋樹
社団法人 日本ネットワークインフォメーションセンター 理事長
            

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2022 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.