メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
                                                                  1994/01/21
                                                                  資料 1-6

議題番号:        94-001-S
議題:            「CIDR ブロック割り当て参加承認」
決議内容:        富士通 S-network の却下
付帯決議:        
タイプ:          簡易vote
審議開始日:     94/01/09
承認日:          94/01/16
担当者:          吉村 伸 (IP WG)

- -------
添付資料

1) IP WG 意見

今回はパイロットプロジェクトという性格上、現に接続を行なっているところ
に限定して、できるだけ早くブロック割り当てに対する要求と問題点をとりま
とめ、S-network のようなところが今後出てくるときにちゃんとドキュメント
を渡して、JPNIC のサービスとして確立できることを目指すものである。

サービスが開始していないところに 256C を渡して、死蔵される期間ができる
のは望ましくない。

S-network に関しては、サービス開始時にパイロットプロジェクトの状況を鑑
み、ブロック割り当ての可否 (パイロットプロジェクトでないほうがいいと思
うが) を考えたい。



2) 申込
======================================================================

[ 申込会員 ]

会員名:富士通 S-NETWORK (FUJITSU S-NETWORK)


[ 質問事項に対する回答 ]

 1) インターネット接続提供実績 (世界のインターネットへ経路をアナ
    ウンスすることを前提として接続を行なったネットワーク数、1993
    年12月1日現在)

なし。

#富士通として商用インターネットを立ち上げる予定。郵政に申請中。

 2) パイロットプロジェクト期間中に接続を行なう推定ネットワーク数

100

 3) 本パイロットプロジェクト参加によって期待される、貴会員において
    期待される効果に関して簡単に述べて下さい。

本格的に我々のインターネットが立ち上がってしまうと、海外も含めて
20000台のホスト数を予測しております。
S-NETWORK事務局が取得しておりますアドレスは、Class C*8 ですから
到底たりませんし、現在のアドレス枯渇問題から言ってCIDRの採用が適
しているのではないかと判断しております。

これから、立ち上がるインターネットは商用であり社内ネットではない
ので、現在富士通が取得しているClass Bは使用できないという背景も
あります。
======================================================================
            

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2022 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.