メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
								  1995/09/29
								  資料3-5

		DNS管理グループからの議題


*「ドメインネームサーバの設定手続きについて」の有効期間が切れるため、
以下のように改正する。有効期間以外の改正点は次の通り。

 ・ネームサーバが最低 2つ必要で、それを守らない場合に InterNIC が申請
   を受け付けない旨の記述を追加。
 ・JPNIC がネームサーバの管理をしている IPアドレスのリスとを更新。

========================================================================
-------------------------------------------------------------------------
|  JPNIC公開文書著作権表示 (Copyright notice of JPNIC open documents)	|
|									|
|  この文書はJPNIC公開文書であり、著作権は日本ネットワークインフォ	|
|  メーションセンター(JPNIC)が保持しています。JPNIC公開文書は誰でも	|
|  送付手数料のみの負担でJPNICから入手できます。また、この著作権	|
|  表示を入れるかぎり、誰でも自由に転載・複製・再配布を行なって構	|
|  いません。								|
|  〒113 東京都文京区弥生2-11-16 東京大学大型計算機センター内		|
|        日本ネットワークインフォメーションセンター			|
-------------------------------------------------------------------------

	    = ドメインネームサーバの設定手続きについて =

			JPNIC DNS 作業グループ
			  (1995年 9月 30日)


ドメインネームサーバは、インターネットでホスト名から IPアドレスを検索
したり、メイルの配送経路を決定する上で重要な役割を果たしています。ドメ
イン内のネームサーバの設定が終れば、上位ドメインへの登録が必要です。

このドキュメントの有効期限は、1995年 12月 31日までとします。ただし、そ
れまでの間に、内容に変更のないことを保証するものではありません。このド
キュメントの最新版は、info@dns.nic.ad.jp 宛にメイルを出すことで折り返
し送られてきます (内容は空で結構です)。


1. ネームサーバの登録手続き

・ドメイン名を JP 直下のドメイン (AC.JP, AD.JP, CO.JP, GO.JP, OR.JP, 
地域型ドメイン) のネームサーバへ登録する申請、および IPネットワークア
ドレスを逆引きネームサーバ (???.???.IN-ADDR.ARPA) へ登録する申請は、
JPNIC登録フォーム (それぞれ、ドメイン情報、ネットワーク情報、およびそ
こから参照されるホストのホスト情報) を作成し、apply@db.nic.ad.jp に送
ることで行ないます。

JPNIC登録フォームの作成方法については、「JPNIC登録フォームの記入方法」
を参照下さい。「JPNIC登録フォームの記入方法」の最新版は、info@db.nic.ad.jp 
宛にメイルを出すことで折り返し送られてきます (内容は空で結構です)。

・JPNIC が管理するネームサーバへは、いずれかの JPNIC会員ネットワークプ
ロジェクトが接続を承認しているドメイン名および IPネットワークのみを登
録します。ネームサーバに登録されているドメイン名および IPネットワーク
がこの条件を満たさなくなった場合には、ネームサーバから削除します。

・ネームサーバへの実際の登録は、JPNIC が管理するネームサーバについては、
apply@db.nic.ad.jp から JPNICデータベース登録完了の通知が発行された翌
日の早朝に行われます。

下のリスト以外の IPネットワークアドレスのネームサーバの設定については、
必要な情報が JPNIC から InterNIC ないしは APNIC に送られるため、設定ま
でにはもう少し長い時間がかかります。

    ※ JPNIC がネームサーバの管理をしている IPアドレス
	133.0 ~ 133.255
	192.50.0 ~ 192.50.255
	192.218.0 ~ 192.218.255
	192.244.0 ~ 192.244.255
	202.11.0 ~ 202.11.255
	202.13.0 ~ 202.13.255
	202.15.0 ~ 202.19.255
	202.23.0 ~ 202.26.255
	202.32.0 ~ 202.35.255
	202.48.0 ~ 202.48.255
	202.226.0 ~ 202.255.255

・ネームサーバの設定完了通知は、データベース登録完了通知の他には発行さ
れません。ネームサーバに申請内容が実際に設定されたかどうかは、nslookup 
コマンドを使って、sh.nic.ad.jp [192.41.192.41] を検索することによって
確認して下さい。

・ネームサーバは、原則として最低 2つ必要です (primary server と最低 1
つの secondary server)。InterNIC は、ネームサーバが 1つのみの場合は、
登録申請を却下します。InterNIC へ登録が必要な IPネットワークアドレスに
対しては、必ず、ネームサーバを 2つ以上登録して下さい (JPNIC では、現在、
このチェックを行っておりませんのでご了承下さい)。

・ネームサーバの登録手続きや登録申請の処理状況に関する質問は、
query@dns.nic.ad.jp 宛にお送り下さい。


2. ネームサーバ設定にあたっての注意

・海外に reachable でないネームサーバについては、インターネット標準の 
root server を参照することができないため、以下のいずれかの設定が必要と
なります。

(1) 必要なドメインの unauthorized secondary server になるよう設定する。
具体的には、少なくとも、JP 以下のドメインの情報を参照するために JP の、
逆引き情報を参照するために IN-ADDR.ARPA の unauthorized secondary にな
るよう設定することが必要となる。

(2) 必要なドメインの情報を検索できるマシンを forwarders に設定する。た
だし、一般には、forwarders に他組織のマシンを設定することは勧められま
せん (相手組織が許可している場合は除く)。

・ルートサーバの設定ファイル (named.root または named.ca または 
root.cache) は、以下のいずれかから入手可能です。

	ftp://ftp.nic.ad.jp/pub/internet/rs.internic.net/domain/named.root
	ftp://rs.internic.net/domain/named.root

・各ドメインに対して、secondary server があることが原則です。もし、自
ドメイン内に secondary server にすべき適当なマシンがない場合は、接続し
ているネットワークサービスプロバイダのマシンで引き受けることができる場
合があります。接続しているネットワークサービスプロバイダの技術担当者に
ご相談下さい。

・JPNIC は、原則的に、依頼された内容そのものに不備がない限り、依頼内容
をそのまま設定します。設定依頼したネームサーバ内のデータの不備によって
メイルが失われた場合は、設定依頼した組織の責任です。ネームサーバの設定
内容に自信がない場合は、接続しているネットワークサービスプロバイダの技
術担当者にご相談下さい。

・メイル配送上の下流ドメインを持つ場合は、そのドメインのためのネームサー
バも設定する必要があります。設定内容はメイルゲートウェイを指す MX レコー
ドと、SOAレコード、NSレコードのみになります。

・逆引きネームサーバの、ホストフィールドが all 0 に相当するエントリー
に、PTRレコードでネットワークの名称、Aレコードでサブネットマスクを入れ
ると便利です。なるべく、入れるようにしてください。
            

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.