メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
							1998/03/19 運営委員会
							資料 3-7

			国際連携検討部会報告

1. APNIC Exec Council

前回のAPNICマニラ会合でExecutive Councilの新メンバが選出された。
それに伴い、役員の交代が検討された。Exec Councilの議長には
高橋徹氏が推薦され、同氏が受諾した。

Exec Councilの現在の議論は、Director General の job descriptionを
作成することである。原稿に対してコメントが寄せられ、最終調整が行
なわれている段階。

2. APNGにおけるccTLDの扱い

マニラのAPRICOT/APNGでccTLDに関するBoFが開かれた。
その後の取扱について、APNGの関係者で多少話が進んだ。

・ヨーロッパと同様にアジア太平洋地域においてもccTLDについての
連絡会のようなものが必要と思われる。

・アジアには台湾があり、countryあるいはnationalという用語に敏感な
向きもあるので、ISO用語を使ってccTLDとだけ表示するのが良いのでは
ないか。AP-DNSではgTLDも含むと解釈されてしまうだろう。gTLDの議論
とccTLDとはできるだけ分離しておきたい。

・APNICがいろいろと多忙な時期を迎えており、新規の仕事を始めるのは
控えたいという意向もあるようだ。とりあえず場の設定はAPNGが担当し
てもよい。

・国*により、ccTLDのauthorityとIPアドレスの割当とが、独立の機関
(人)になっている場合がある。IP側のコンタクトはAPNICのデータベース
を参照すればよい。ccTLD側はIANAに問い合わせる。

・とりあえず、国*ごとのsecondary domainの種類、割当規則、dispute
のポリシーなどを情報交換してはどうか。7月のINET'98の際には欧州と
の意見交換の場を持てるだろう。

・APNGの運営方針はできる限りオープンにするということであるから、
各国のコンタクトに声を掛けるとしても、運営はオープンを原則としたい。

・今後の具体的な進め方は、BoFの議長であった高橋徹氏に委ねるべきだ。

☆ JPNICのドメイン関係のドキュメントの英訳が近々に必要になる模様。
            

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.