メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
							1998年5月26日 運営委員会
							資料 3-2

		IPアドレス、AS番号割り当て検討部会報告

活動報告 

1998/05/21 17:00-22:30 JPNICにおいて検討部会を開催。

・ 個別案件 6件
	IXに関する質問、アドレスの譲渡などについて。

・ APNICへのIPアドレス追加申請
	事実関係の確認及び改善策を検討。 詳細は後述。


APNICへのIPアドレス追加申請

・ 事実関係の確認。詳細は後述。

・ 今回の反省とそれに基く改善案
	各会員への経過説明が不足していたため、今後改善する。
	アドレス割り振りの状況(特にどの程度の余裕があるかについて)を、
	運営委員会での事務局からの報告に含める。各会員に対して、APNIC
	からも問い合せ等があることを周知する。なお、APNICからの問い合せは
	原則英語である。JPNICのサービスとして翻訳などを行うことが望ましいが、
	法的責任など実行に当たっては十分な検討が必要。

・ 各種フォーム
	APNICデータベースへの登録するという観点から、各種フォームについて
	事務局を中心に再検討を行う。

・APNICとのリエゾン
	APNICの業務内容、例) APNIC側のドキュメント発行手続き、APNIC-063等、
	JPNICの経験を生かせる部分が多い。このような点に関して、積極的
	にAPNICへのフィードバックを行う。具体的にはAPNICのドキュメント
	改定などについて、IP-WGとして原案をまとめ、これをAPNICに提案する。

各位
		IPアドレス割り振り業務の遅延について

							 1998年5月12日
			(社)日本ネットワークインフォメーションセンター

本年4月上旬より、JPNICからJPNIC会員各位へのIPアドレス割り振り業務に遅延
が生じたため、IPアドレス申請をいただいた会員及びエンドユーザの方に多大の
ご迷惑をおかけしたことをお詫びするとともに、昨日、一連の処理が完了し、各
JPNIC会員各位に対してのIPアドレスの割り振りを再開したことを、ご報告させ
ていただきます。

今回の割り振りの遅延の原因は、IPアドレス割り振り業務において、JPNICの上
部組織に当たるAPNIC(*注1)の事務処理の方式が変更されたこと、およびこの変
更による処理時間の増加見積もりをJPNIC/APNICがともに誤ったことにあります。

今回の反省を踏まえ、再発防止のために、JPNICでは、APNICとの協調をより密接
なものとし、またIPアドレス割り振りに関する業務フローの見直しを行う等の改
善を行ってまいります。

なお、今回の遅延を引き起した原因等の詳細は以下のとおりです。

IPアドレスの割り振り業務はIANA(*注2)を最上位層とした国際的な階層構造の中
で行われており、JPNICはAPNICの下でこの業務を行っています。これはJPNICが
APNICのconfederation(*注3)という種類の会員として参加することによって実現
されています。

JPNICでの実際の割り振り業務は、APNICからJPNICに移管された適度な大きさを
持ったIPアドレスのブロックを、JPNICが各業務委任会員に割り振り、さらに
JPNICから割り振りを受けた業務委任会員がアドレス使用者(顧客等)に対して最
終的に割り当てを行う形態となっております。このなかで、APNICから
confederation会員であるJPNICに対して割り振りを行う部分は、APNIC-063ドキュ
メント(ftp://ftp.apnic.net/apnic/docs/confed-address-request)の内容に基
づいて処理されています。

APNIC-063は1997年7月に発行されておりますが、JPNICからAPNICへのIPアドレス
ブロックの申請は半年から一年に一回程度ということもあり、今回がAPNIC-063
が適用される初めての事例でした。当初JPNICではこの処理は短期間のうちに終
了し、4月上旬には割り振りが可能であると予想していました。しかしながら、
今回のAPNIC-063による手順の主な変更点の一つとして、従来は不要であった、
JPNICの業務委任会員が行った割り当て内容をAPNICに提出し、その内容をAPNIC
側ですべてチェック・確認するという作業が追加されており、今回この作業に予
想外の時間を費してしまいました。これは、JPNICの規模が、APNICが
confederation会員として想定していた規模を遥かに上回るものであったため、
APNIC側での内容の確認手続きに時間を要してしまい、全体として一ヶ月以上の
時間を要することとなってしまったものです。

インターネットの発展にとってIPアドレスの円滑な割り当てとその管理は重要で
あり、このようなことはあってはならないことであります。今後は、APNICとの
連携を強化しながら再発防止に努めてまいります。

なお、confederationやAPNICに関しては、APNICのホームページ(下記注1参照)等
から、詳細な情報を入手することが可能です。
								以上

(*注1)APNIC
	Asia Pacific Network Information Center
	(URL: http://www.apnic.net/)

(*注2)IANA
	Internet Assigned Numbers Authority
	(URL: http://www.isi.edu/div7/iana/)

(*注3)confederation
	国単位のNICやISP(Internet Service Provider)の連合体に適用される
	APNICの会員種別です。
	APNICのconfederation会員には他にTWNIC(台湾NIC)、KRNIC(韓国NIC)、
	CNNIC(中国NIC)などがあります。
            

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.