メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
							1998/12/21運営委員会
							資料 2-7
		          国際連携業務に関する報告




<<APNIC/ARIN/RIPEドキュメント和訳>>

  和訳外注した18文書はIP-WGメンバーおよび事務局により順次検収中。
  検収が完了したものからWeb上で公開していく予定。

<<「JPNICのwhoisによる個人情報公開について」英訳>>

  DBPI-TFおよび 運営委員長の依頼による、以下の文書英訳は
  検収を完了した。

   「JPNICのwhoisによる個人情報公開について」
   (http://www.nic.ad.jp/jp/topics/archive/19980824-01.html)

<<JPNIC whois help>>

  DB-WGの依頼により、JPNIC whois help を英訳した。現在DB-WGにて検収中。

<<APNIC に関する KRNIC との会議>>

  AP-TFの決議により、APNIC への対応を協議し、特に現在CIDRリクエストや
  アドレス割り振りの際に生じている各問題に関してJPNIC-KRNIC間で協調し解決策
  を検討するため、以下の通り JPNIC にて会議を行った。

   日時:   12月1日~12月2日
   場所:   JPNIC事務局会議室
   参加者: KRNIC 4名
	    JPNIC(AP-TF メンバーおよび事務局)
   内容:   IPアドレスおよびAS番号割り振りポリシー
	    Confederation に関する 議論
	    APNICドキュメント等の検討、論点整理

<<業務委任会員とAPNICの対話会>>

  AP-TFの決議により、IPアドレス割り振りポリシーについてJPNIC業務委任会
  員の意見を収集し、APNICと直接議論するため、以下の通り対話会を開催した。

   日時:   12月16日 15:00-17:00
   場所:   国立京都国際会館
   内容:   IPアドレスおよびAS番号割り振りポリシー、今後の方針など

<<APNIC/KRNIC/JPNIC会議>>

  AP-TFの決議により、APNICドキュメントの内容および全般的IPアドレス割り振り
  ポリシーの検討などを行うため、以下の通りAPNIC、KRNIC、AP-TFの三者会議を
  行った。

   日時:   12月17日 9:00-18:00
   場所:   国立京都国際会館
   内容:   APNICドキュメントの改善点などについて
            

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.