メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
						1999/05/19 運営委員会資料
							資料 3-2

		IPアドレスAS番号割り当て検討部会報告

[部会開催]
	1999年 5月17日	14:00--17:00

 ・個別案件
	CATV ISPに対するIPアドレス割り振り
	 問題	ケーブルモデムはブリッジとして動作することが常であり、
		大量の加入者(利用ホストアドレス1個--数個)を同一セグメ
		ントに収容する形となる。その場合のIPアドレス割り振りは、
		やはりエンドユーザか、ISPセグメントとして割り振り可能
		か
	
	 方針	ISPセグメントとして割り振り可能とする。ただし、その場
		合セグメントの管理責任(利用率管理,abuse対応)が当然
		発生。この方向で FAQを作成

 ・AS番号割り当てに関して
	APNICに割り当てを返還する方向で今後検討。理由は、1ISP一度限り
	程度の少ない業務量であること。


 ・11年度計画案検討
	以下の通り



-----
IP-WG11年度計画案 ver0.5		IP-WG

<体制>
主査:		荒野
副査:		前村、小畑、水越
メンバ:	TBD 10年度メンバを中心に新規メンバを加える


<今年度の目標>
 ・	新ルールに基づくドキュメントを発行する
 ・	新ルールをJPNIC会員に浸透させるために積極的な啓蒙活動を行う
 ・	APNICの新ドキュメントを支援し、JPNICの意向を反映させる
 ・	JPNICの事務局体制やプロシージャを見なおし、国際的にも評価でき
	るレベルの業務を行える基盤を作る
 ・	AS割り当てについて、一定の決着をつける


<方針>
 ・	部会の仕事内容を分類し、主査副査を含んだ複数の担当者に割り振る。
	個々の案件に関する集中的な検討はその担当者が行うようにする。
 ・	アクションプランを明確にし、各担当が責任をもって問題対応する。
 ・	各担当で検討された事項はメーリングリストやIP-WGミーティングな
	どを通じて、情報共有する。
 ・	企画担当は全体のとりまとめ、および重要なポリシー検討や概念整理
	の役割を果たす。個々の担当で解決できない問題提起は企画担当にエ
	スカレーションすることにする。
 ・	最終的なIP-WGの判断の決定機関はip-wgミーティングであり、企画担
	当をはじめ各担当が検討した案はip-wgミーティングで決定される。


<グループ案>
・企画
	JPNICポリシー案策定、各担当の進捗管理、misc案件検討、IPv6
・ドキュメント制定
	JPNIC新ルール検討、ドキュメント化
・広報
	新ドキュメントの啓蒙活動の企画・実行、その他の広報宣伝の企画
・業務検討改善
	新ルールの施行にあたり、JPNICプロシージャ、体制見積もり、ツー
	ルなどについて検討する
・国際連携
	APNICへの対応検討、KRNICなど他NICとの連携
・審議対応
	具体的な審議事項につき、個別に事務局の検討を支援する
・組織・法務
	ASO対応、APNIC組織論、


<予定>
各担当に今年度計画(目標事項+時期等)を提出してもらい、すりあわせ。


参考:
<課題一覧>
・予約会員
・返却際割当て(リナンバ)
・接続点割り当て(IPアドレスは何に対して割り当てるのか)
・サブアロケーション
・手数料
・譲渡
・APNICとの協力
・APNIC組織体制
・APNICポリシー
・ICANN ASO
            

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.