メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
							1999/11/24 運営委員会
                                                        資料 2-8

            システム管理業務に関する報告(1999年10月20日~1999年11月23日)

■報告事項

  1. JP プライマリ DNS サーバの変更に関する進捗状況について
  2. BIND および ftpd のセキュリティ対策について
  3. iDNS テストベッド用サーバのセットアップ作業について
  4. NSPIXP2 上における JPIX を経由した JPNIC 経路情報の transit 開始について
  5. 国外インターネットへの JP セカンダリ DNS サーバの設置について

1. JP プライマリ DNS サーバの変更に関する進捗状況について

     変更作業が進行中である。現在までに 1) から 3) については作業完了
     を確認し、4) および 5) については先方での変更作業完了待ちとなって
     いる。

     1) JPNIC 側の DNS ゾーンファイル変更作業
     2) InterNIC への ns0.nic.ad.jp ホスト情報の登録作業
     3) ARIN への逆引きネームサーバの変更依頼(4ゾーン)
     4) APNIC への逆引きネームサーバの変更依頼(164ゾーン)
     5) IANA(ICANN) への jp プライマリネームサーバの変更依頼

2. BIND および ftpd のセキュリティ対策について

     セキュリティ対策のため、JPNIC でインターネット上に公開しているす
     べての DNS サーバ(BIND)および FTP サーバのバージョンを最新版に更
     新した。

3. iDNS テストベッド用サーバのセットアップ作業について

     iDNS-TF からの依頼により、iDNS テストベッド用サーバのセットアップ
     作業を行った。

4. NSPIXP2 上における JPIX を経由した JPNIC 経路情報の transit 開始について

     JPIX 側との合意に基づき、11月中に NSPIXP2 での BGP4 peering 接続
     を利用した JPIX 接続組織(AS)への経路情報の transit を開始する予定
     である。

     今回の接続携帯では、JPIX 接続組織からみた場合、JPNIC AS(2515)は 
     JPIX AS(7527)の次のAS path として接続される。

5. 国外インターネットへの JP セカンダリ DNS サーバの設置について

     海外からの JP ドメインへの到達性の確保および 2000 年問題への対策
     のため、JP セカンダリ DNS サーバを国外インターネットに設置するた
     めの作業を行なっている。
								(以上)
            

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.