メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
							1999/12/22 運営委員会
                                                        資料 2-8

	システム管理業務に関する報告(1999年11月24日~1999年12月21日)

■報告事項

  1. 障害報告(2件)
     1)JPNIC Web アクセスログの障害について
     2)ネットワーク機器更新作業の遅延について
  2. JP DNS サーバ変更/追加関連作業について
  3. DNS 逆引きゾーン追加作業について
  4. 年末年始における各関連組織との技術連絡体制の確立について
  5. NSPIXP2 における Y2KCC/JP 事務局ネットワークとの peering 開始について
  6. IW99 会場ネットワークのための DNS 設定について

1. 障害報告(2件)

   1) JPNIC Web アクセスログの障害について

     システム設定上の問題により、12月4日から12月5日までの JPNIC Web 
     サーバのアクセスログの収集に障害が発生した。

   2) ネットワーク機器更新作業の遅延について

     12月13日に行ったネットワーク機器の更新作業におけるネットワーク
     の回復手順上の不手際により作業時間に遅延が発生し、作業時刻が当
     初予定した時刻を約25分超過した。

2. JP DNS サーバ関連作業について

     関連レジストリ(APNIC, ARIN, InterNIC(IANA経由))への登録情報の更新
     を含む、JP DNS サーバ関連作業(下記)がほぼ完了した。

     1) JP プライマリサーバの変更(ns1.nic.ad.jp から ns0.nic.ad.jp へ
        の変更)
     2) JP セカンダリサーバの追加(ns-jp.ntt.net)

3. DNS 逆引きゾーン追加作業について

     APNICからのアドレスブロックの追加割り当て(211.8.0.0/13 および
     211.16.0.0/14)に伴い、DNS 逆引きゾーン(8.211.in-addr.arpa~
     19.211.in-addr.arpa)に関する DNS サーバの設定を行った。

4. 年末年始における各関連組織との連絡体制の確立について

     以下の関連組織との間で、年末年始における緊急連絡先を確保する
     作業をすすめている。

     1) 各 JP 公式セカンダリサーバマシン管理担当者
     2) Y2KCC/JP
     3) JPCERT
     4) NSPIXP2(KDD)
     5) APNIC

5. NSPIXP2 における Y2KCC/JP 事務局ネットワークとの peering 開始について

     Y2KCC/JP 事務局ネットワークが NSPIXP2 に接続されたことに伴い、
     Y2KCC/JP ネットワークとの peering 設定を行った。

6. IW99 会場ネットワークのための DNS 設定について

     InternetWeek 99 開催に伴い、会場ネットワークのための DNS
     サーバの設定(inetweek99.nic.ad.jp ゾーンへの NS レコード)
     を行った。
								(以上)
            

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.