メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
運営委員会資料                                          1999年12月22日
							資料 3-2


                                IPアドレスAS番号割り当て検討部会

[部会開催]

11月25日(木) ip-doc
11月25日(木) ip-cont(弁護士さんとの打ち合わせ)
11月29日(月) 新ドキュメント説明会
11月29日(月) ip-v6
11月29日(月) ip-pub
12月 7日(火) ip-fee
12月15日(水) ip-wg
12月16日(木) IP-USERS

[主な検討事項]

1. 新ドキュメント開発

・英訳作業進行中。予定より1ヶ月程度遅れ。ただし特に影響なし。
・11月29日説明会実施。当初、JPNIC会議室で午前・午後にわけて実施予定であったが、
 希望人数が予想より多かったため、外部施設を用い実施。最終的に150名程度が参加。
・ロードマップドキュメント、用語集、FAQ12月末完成予定。
・大規模情報転送を想定し、審議依頼ファイル送付方法としてFTPを追加することを決定


2. IPv6サービス

・サービス概要検討完(別紙参照)
	前回ご審議いただいた内容からは以下の部分が差分

          アナウンス日: 1999年中
        サービス開始時: 2000年 1月 20日(木)
                手数料: 50,000 円  (reject 時には請求されない)

・webページ立ち上げ
・ドキュメント類完
 ドキュメント承認に関しては近々通常vote依頼予定
・Internet Week99期間中に、IP-USERS、IP meetingなどでサービス予告


3. IPビジネスモデル策定

・各レジストリ課金モデルをふまえ、継続ブレーンストーミングを実施


4. 業務委任会員契約書関連

弁護士と業務委任契約書作成の相談を開始


5. IP-USERS

テーマおよび概要は以下の通り
・IPv6サービスについて
	pTLAのNLAアサインメントの実際
	JPNICサービスの予告
・ASOについて
・課金モデルについて
・IRR問題について
	IRRをどこでやるべきか等の議論
	引き続きJPNIC主催で勉強会を開催する予定


6. 国際関連

とくになし


7. その他

PIサービス(非CIDRアサインメントサービス)について、APNICとの間に
あいまいな点があったことが判明した。以下の理由から、当サービスを
近日中に凍結する予定。
・JPNICのサービス実施としては困難な点があること
・凍結の影響はほとんどないこと
	- 今まで当サービスの利用例は0である
	- APNICの会員にならずとも相当サービスをAPNICから受けることが
	 可能であること
なお、今後の方針については、早急にAPNICと相談を行う

以上

==========================
(別紙)
        JPNIC による IPv6 sTLA 申請取り次ぎサービスについて


1. サービス形態


  1-1. 概要


      JPNIC は APNIC への sTLA 申請の「窓口」として機能する。つまり、


        ・JPNIC は JPNIC 会員からの申請を受け付け、APNIC に転送する。
        ・APNIC は申請結果を JPNIC に伝える
        ・JPNIC は JPNIC 会員に結果を通知する。


  1-2. 申請の受付


      申請者は sTLA 申請用 WEB にアクセスし、必要項目を記入して submit
      する。内容は整形されて申請者にメールされる。申請者はこの申請書を
      JPNIC の受付窓口に送る。この手続きにより、


        ・申請者に申請書のコピーが残る
        ・入力されたメールアドレスの到達確認ができる


      を実現する。


  1-3. 申請の処理


      JPNIC は受け取った申請書が JPNIC 会員からのものであることを確認
      し、JPNIC 名義で APNIC へと転送する。
      サービス開始時には内容に関して、チェック・修正・翻訳などは行わない。
      経験を積んだ上でこれらの付加的なサービスを行うかどうかは今後検討。


  1-4. 申請審議中における問い合わせ対応


      APNIC から申請書の内容に関する質問等があった時には、JPNIC は申請
      者にそれを転送する。翻訳などは行わない。
      申請に関して、また APNIC からの問い合わせに対して申請者から JPNIC
      に質問が寄せられた場合には、できる範囲でコンサル的な対応を行う。


  1-5. 結果通知


      JPNIC は APNIC からの結果を申請者に転送する。



2. 課金処理


  JPNIC を通して sTLA 申請を行う際には以下の課金が発生する。


  ・APNIC による one time fee
    この手数料は IPv4 の PI のものとは異なり、申請が通らなかった場合に
    は請求されない。APNIC に対しては米ドルで支払う必要がある。


  ・JPNIC が申請を取り次ぐ際に請求する手数料
    この手数料は申請を取り次ぐ際に発生するコスト、及び申請に関する問い
    合わせ対応などの付加サービスに発生するコストを回収することを目的に
    請求する。将来的にさらなるサービスを行う際には金額の見直しの可能性
    がある。
    申請が通らなかった場合には請求しない。


  課金方法・タイミングについては以下のような方式とする。


  日本円による一括後払い


     APNIC 手数料を日本円換算して JPNIC 手数料と合算し、業務委任手数料と
     同様に定期的に請求する方式
          ・申請者にとって手間がかからない
          ・為替リスクがある(JPNIC 手数料にてマージン的に吸収可)


  金額については、当面は 50,000 円を請求することとする。



3. APNIC-DB のメンテナンス


  ・申請を行う前にあらかじめ申請者は APNIC ハンドルとメンテナオブジェクト
    の登録が必要。


  ・sTLA(/35)のネットワーク情報は申請処理時に APNIC が登録する。
    mnt-by: APNIC-HM, JPNIC-HM
    mnt-lower: 申請者


  ・sTLA 以下 /48(NLA) のネットワーク情報の登録は申請者が行う。
    追加割り振り時の審査情報となるので、義務。


  ・逆引き登録は申請者が行う。



4. スケジュール


  ・12月上旬に情報公開。(Internet Week99)
  ・年内にサービスアナウンス
  ・年明けにドキュメント公開
  ・1月上旬までにシステム実装
  ・2000年1月20日サービススタート



Appendix-A


  APNIC は暫定的な IPv6 課金体系として confederation の IPv4 課金モデル
  に近いものを提案している。レートとしては Very Large 会員の場合(JPNIC 
  はこれにあてはまる)/48 を $0.03 として比例計算する.すなわち、アロケー
  ションが行われたときに JPNIC から APNICに以下の費用を払う.
  JPNIC としては、/35 の初回割り振りが $245.76 であることを受け入れるが、
  それ以上のサイズや、2回目以降の割り振り手数料については引き続き APNIC
  と検討するものとする。


  APNIC one time fee for IPv6 sub-TLA request


        IPv6 prefix    total sites (/48)    total fee (@ $0.03)
        -------------------------------------------------------
        /35                         8192           US   $245.76
        /32                        65536           US  $1966.08
        /29                       524288           US $15728.64
        -------------------------------------------------------


  IPv6 Address Architecture (Bootstrap sub-TLA Architecture)


        bits    label           size    prefix
        --------------------------------------
        0-2     FP               3      /3
        3-15    TLA-ID          13      /16
        16-28   sub-TLA-ID      13      /29
        29-35   reserve          6      /35
        36-47   NLA-ID          13      /48
        48-63   SLA-ID          16      /64
        --------------------------------------
            

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.