メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

警察庁 生活安全企画課

理事官 北村博文

学校のインターネット接続について

 

1 ネットワーク利用犯罪等の現状

(1)ネットワーク利用犯罪の例

○わいせつ画像のホームページ開設(11年5月 群馬)

○伝言板を利用した名誉毀損事件(11年5月 神奈川)

○インターネットを利用した薬物販売事件(11年2月 神奈川)

○パソコン機器通信販売名下の詐欺事件(11年2月 新潟)

○無限連鎖講防止法違反(ねずみ講)事件(11年2月 福岡・京都)

○掲示板(チャット)を利用した呼び出し事案(11年6月 和歌山)

(2)少年によるネットワーク犯罪

○高校生によるプロバイダのシステム乗っ取り事案(10年2月 東京)

○少年によるMP-3を利用した著作権法違反事件(11年3月 愛知)

○高校生によるわいせつCD-ROM販売事案(8年9月 京都)

(3)学校のネットワークに不正アクセスされID・パスワードが盗まれた事例

 近畿大学(10年11月)、北海道教育大学旭川校(11年1月)

 

2 想定されるトラブル

(1)生徒が被害者となる場合

(2)生徒が被疑者となる場合

(3)学校のネットワークシステムが被害にあう

(4)生徒が他の生徒や学校のシステムを対象に不正行為を行う。

 

3 防止対策

(1)利用者(生徒)に対する教育

(2)セキュリティ対策の徹底(情報システム安全対策指針等の活用)

(3)ログの記録保存

 

4 警察の対応

(1)セキュリティ及び被害発生時の相談先

(2)不正アクセス禁止法の制定

 

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ