メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
                                                              2001/03/16 総会
                                      資料1

                           2001年度事業計画(案)


1. ドメイン名事業
   (1)属性型・地域型 JPドメイン名の登録管理(定款第4条第(5)号関係)
   (2)属性型・地域型 JPドメイン名の規格及びガイドライン策定(同第(4)号関係)
   (3)汎用JPドメイン名の規格及びガイドライン策定(同第(4)号関係)
   (4)属性型・地域型 JPドメイン名に関する統計データ等の提供(同第(1)号関係)
   (5)国内および国際的なドメイン名のあり方に関する調査・検討(同第(3)号関係)
   (6)国内および国際的なドメイン名のあり方に関する意見集約と政策提言
  (同第(4)号関係)
   (7)ルートサーバー運用に関する調査・検討・提言等(同第(3)号関係)

2. IPアドレス事業
   (1)IPアドレスの登録管理(定款第4条第(5)号関係)
   (2)IPアドレス登録管理の規格及びガイドライン策定(同第(4)号関係)
   (3)AS番号の登録管理(定款第4条第(5)号関係)
   (4)AS番号登録管理の規格及びガイドライン策定(同第(4)号関係)
   (5)IPアドレス、AS番号に関する規格及びガイドライン文書の英訳の公開
  (同第(1)号関係)
   (6)IPアドレス、AS番号に関する統計データ等の提供(同第(1)号関係)
   (7)IPアドレス、AS番号登録管理に関する広報・普及・啓発(同第(6)号関係)
   (8)IPアドレス、AS番号の利用・消費状況の調査(同第(3)号関係)
   (9)IPv4からIPv6への移行に関する企画・設計・システム開発(同第(2)号関係)
   (10)IPv6利用基盤の整備・普及の支援(同第(6)号関係)

3. インターネット基盤整備のための調査・研究・啓発・普及事業
   (1)インターネットの利用方法や技術等に関する講習会等の開催(同第(6)号関係)
   (2)インターネットの普及啓発などのためのセミナーやシンポジウムの開催
  (同第(6)号関係)
   (3)インターネットの国内・国際情勢に関する情報の収集と提供(同第(1)号関係)
   (4)日本語ドメイン名を初めとする多言語ドメイン名環境の開発(同第(2)号関係)
   (5)日本語ドメイン名を初めとする多言語ドメイン名環境の普及・推進
  (同第(6)号関係)
   (6)WHOISやRRP等のレジストリーサービスに関連するデータベース技術の調
      査・研究・実験(同第(3)号関係)
   (7)DNSSECの運用技術の蓄積(同第(2)号関係)
   (8)DNSに関連する名前解決やディレクトリサービスについての調査
  (同第(3)号関係)
   (9)高度情報通信ネットワーク社会推進戦略に関する調査・研究・啓発・普及活動
  (同第(3),(6)号関係)
            

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.