メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:

             社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター
             第18回総会(臨時総会)議事録

1. 日    時: 2002年 10月 18日(金曜日)  13:35 - 14:55  
 
2. 場    所: ホテル エドモント 2階大宴会場「悠久(ゆうきゅう)」
              (東京都千代田区飯田橋 3-10-8  TEL 03-3237-1111)

3. 正会員の現在数:   327   会員
   正会員議決権総数の現在数:   312 票
 
4. 開会時出席正会員数: 212 会員(書面表決者  92 会員を含む)
   開会時出席正会員の議決権総数:212 票(書面表決による議決権 92 票を含む)
 
5. 配布資料

   資料1       定款一部変更の件
   資料2-1     2002年度補正予算書(案)
   資料2-2     2002年度収入予測(補正)
   資料3       株式会社日本レジストリサービス授権資本拡大及び第三者割当増資の件
   資料4       理事推薦書

   参考資料1   定款一部変更の件 説明資料
   参考資料2   2002年度補正予算案 説明資料
   参考資料3   株式会社日本レジストリサービス授権資本拡大及び第三者割当増資の件
                説明資料

6.報告事項、審議事項及び議決事項、並びに議事の経過の概要及びその結果
 
  事務局 伊勢禎和氏が、定足数を満たしたので、本会は総会として有効に成立した
  旨を告げたのち、当センター定款22条の定めに従い議長の選出について諮ったとこ
  ろ、出席正会員全員の一致をもってWIDE代表の村井 純氏が選任され、同氏が議長
  席についた。さらに議長は本総会を公開で行なうこと、賛助会員は総会議決権を持
  たないが発言権はあること、総会議決権を持たない役員が本会に同席すること、円
  滑な進行のため事務局職員が会場に出入りすること、及び事務局サポートのために
  顧問弁護士が同席することの承認を求め、出席正会員全員の一致をもって承認され
  た。

  続いて、議長より本総会の議事録署名人としては桑原 精一氏(日本電気株式会社)
  と石田 慶樹氏(メディアエクスチェンジ株式会社 推薦個人正会員)を指名したい
  旨の発言があり、出席正会員全員の一致をもって承認された。
 

   第1号議案 定款一部変更の件

    議長は、本議案は定款第48条の定めにより総会に諮るものであり、正会員の
    議決権の総数の3分の2以上の議決を経て承認されるとの説明を行った。その
    後、議長の指名により、成田事務局長が資料1、参考資料1に基づき説明を行
    った。

    質疑応答の後、本議案の承認の可否を諮ったところ、正会員の議決権総数の
    3分の2以上(理事会の指名する正会員への委任 48票、書面表決 40票を含む)
    の賛成をもって原案(資料1)の通り承認された。

    採択の後、議長が、この後主務大臣の認可を経て定款変更となり、今後の調
    整によっては次回以降の総会にて再度審議に諮る可能性があること旨、補足
    説明を行った。


   第2号議案 2002年度補正予算案承認の件

    議長は、本議案は定款第40条の定めにより、総会に諮るものであるとの説明
    を行なった。その後、議長の指名により、成田事務局長が、資料2,参考資料2
    に基づき説明を行なった。   

    質疑応答の後、本議案の承認の可否を諮ったところ、出席正会員の議決権総
    数の過半数(理事会の指名する正会員への委任 48票、書面表決 40票を含む)
    の賛成をもって原案(資料2-1)の通り承認された。


   第3号議案  株式会社日本レジストリサービス授権資本拡大及び第三者割当増資の件

    議長は、本議案は、2002年4月に株式会社日本レジストリサービスへドメイン
    名登録管理業務を全面移管し、また現在の日本レジストリサービスの発行株式
    の3分の2を当センターが保有しることに鑑み、今後の当センターの当該株式リ
    リース実行に関し重要な事項と判断されるため、総会に諮るものであるとの説
    明を行った。その後、議長の指名により、成田事務局長が資料3,参考資料3に
    基づき説明を行った。

    質疑応答の後、本議案の承認の可否を諮ったところ、出席正会員の議決権総数
    の過半数(理事会の指名する正会員への委任 48票、書面表決 39票を含む)の賛
    成をもって原案(資料3)の通り承認された。


   第4号議案 理事1名選任の件

    議長は、本議案は定款第12条、役員選任方法に関する細則第2条及び第4条の二
    の定めにより、総会に諮るものであるとの説明を行った後、議長が理事長とし
    て本議案の前提事項として、荻野司氏(IPv6分野担当理事)の理事辞任に伴い、
    引き続きIPv6分野を推進していただける理事として、株式会社インテック・ネ
    ットコア取締役 荒野高志氏を推薦することになった旨報告を行った。その後、
    議長の指名により、成田事務局長が資料4に基づき説明を行い、事情により欠席
    した荒野氏の紹介を行った。

    質疑応答の後、採決を行い、その結果、同氏に対する不信任が出席正会員の議決
    権総数の過半数に達しなかったことから、同氏が理事に選任された。

上記議事を明らかにするためこの議事録を作成し、議長ならびに議事録署名人が
下記に署名捺印する。
 


2002年 10月 18日
  
社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター第18回総会(臨時総会)
            

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ