メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
                社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター
                          第35回総会(通常総会)議事録


  1.  日    時: 2008年 6月 20日(金)  14:30 ~ 17:15


  2.  場    所: ホテルメトロポリタンエドモント  2階「悠久」
                  (東京都千代田区飯田橋3-10-8 TEL 03-3237-1111)


  3.  正会員の現在数: 199会員
      正会員議決権総数の現在数: 199票


  4.  開会時出席正会員数: 133会員(書面表決者 76会員を含む)
      開会時出席正会員の議決権総数: 133票(書面表決による議決権 76票を含む)


  5.  配布資料

      資料1        IPv4アドレス在庫枯渇問題 第2期活動計画の件
      資料2        2007年度事業報告(案)
      資料3        2007年度収支決算(案)
      資料4        電子証明書を用いた指定事業者認証サービスの提供について
      資料5-1      役員候補者名簿
      資料5-2      役員候補者プロフィール
      資料5-3      会員推薦による候補者推薦者名簿

      参考資料1    IPv4アドレス在庫枯渇問題 第2期活動計画 (ppt)
      参考資料2    電子証明書を用いた指定事業者認証サービスの提供について(ppt)
      参考資料3-1  2007年度事業計画案説明資料
      参考資料3-2  2007年度事業報告案説明資料(ppt)
      参考資料4    2007年度収支決算案説明資料(ppt)


  6.  報告事項、審議事項及び議決事項、並びに議事の経過の概要及びその結果

     定刻、事務局 佐藤晋氏が、開会を宣言し、本総会は議案の決議に必要な定足数を満たし
     たので、本総会は有効に成立している旨を告げたのち、定款第22条の定めに従い議長の
     選出について諮ったところ、出席正会員全員の一致をもって、国立情報学研究所 学術ネ
     ットワーク運営・連携本部の本部員である後藤 滋樹氏が選任され、同氏が議長席につい
     た。さらに議長は本総会を公開で行うこと、総会議決権を持たない役員が本総会に同席
     すること、円滑な進行のため事務局職員が会場に出入りすること、及び事務局サポート
     のために顧問弁護士が同席することの承認を求め、議場に諮ったところ、出席正会員全
     員の一致をもって承認された。

     続いて議長より、本総会の議事録署名人として本田 徹氏(株式会社朝日ネット)及び木村
     孝氏(ニフティ株式会社)を指名したい旨の発言があり、議場に諮ったところ、出席正会
     員全員の一致をもって承認された。



     報告事項: IPv4アドレス在庫枯渇問題 第2期活動計画の件

     議長の指名により、前村IP事業部長が資料1及び参考資料1に基づき、IPv4アドレスの在
     庫枯渇問題への対応活動計画について報告を行った。



     第1号議案  2007年度事業報告案承認の件
     第2号議案  2007年度収支決算案承認の件

     議長は、第1号議案及び第2号議案は定款第42条の定めにより総会に諮るものであるとの
     説明を行い、さらに両議案は互いに関連が深いので一括して説明を行いたい旨の提案を
     行い、議場に諮ったところ、承認された。その後、議長の指名により、第1号議案につい
     て資料2、参考資料3-1及び3-2に基づき、成田事務局長、前村IP事業部長、伊勢インター
     ネット推進部次長が説明を行った。引き続き第2号議案については資料3、参考資料4に基
     づき、成田事務局長が説明を行った。続いて、議長は監事に監査の報告を求め、監事の
     坂田 信夫氏より、正味財産増減計算書、貸借対照表及び財産目録は会計帳簿の記載金額
     と一致し、正味財産増減の状況及び2007年度末日現在の財政状態を適正に示しているも
     のと認める、との報告があった。

     次に議長が第1号議案及び第2号議案に関する質疑応答の機会を設けたところ、出席正会
     員より2007年度の事業及び収支の詳細並びに情報公開に関して要望及び質疑があり、事
     務局からこれらの要望及び質疑に対して回答した。

     質疑応答の後、議長が第1号議案の承認の可否を議場に諮ったところ、出席正会員の議決
     権総数(理事会の指名する正会員への委任33票、書面表決43票を含む)の過半数の賛成を
     もって原案のとおり承認可決された。

     続いて議長が第2号議案の承認の可否を議場に諮ったところ、出席正会員の議決権総数
     (理事会の指名する正会員への委任33票、書面表決43票を含む)の過半数の賛成をもって
     原案のとおり承認可決された。



     第3号議案  電子証明書を用いた指定事業者認証サービス提供の件

     議長が本議案は定款第19条の定めにより総会に諮るものであるとの説明を行った後、議
     長の指名により、伊勢インターネット推進部次長が資料4、参考資料2に基づき説明を行
     った。

     次に議長が第3号議案に関する質疑応答の機会を設けたところ、出席正会員より電子証明
     書を用いた指定事業者認証サービス提供における費用負担に関する質疑があり、事務局
     から同質疑に対して回答した。

     質疑応答の後、議長が第3号議案の承認の可否を議場に諮ったところ、出席正会員の議決
     権総数(理事会の指名する正会員への委任 33票、書面表決 43票を含む)の過半数の賛成を
     もって原案の通り承認可決された。



     第4号議案  役員選任の件

     議長が、本議案は、理事及び監事の全員が定款第14条の定めにより本総会の終結をもって
     任期満了により退任となるため、本議案は定款第12条及び役員選任方法に関する細則第2
     条第1項、第3条1項の定めに従い、以下の者を理事又は監事として選任することを総会に
     諮るものであるとの説明を行った後、議長の指名により、成田事務局長が資料5-1に基づ
     いて候補者の紹介を行った。

     次に議長が第4号議案に関する質疑応答の機会を設けたところ、出席正会員より現理事の
     現任期中の活動成果に関する質疑があり、各出席理事が各々の活動成果を報告した。更に、
     同出席正会員より、理事候補者に(株)日本レジストリサービス在籍者が2名含まれている
     ことに関して質疑があり、事務局から同質疑に対して回答した。

     質疑応答の後、第4号議案の承認の可否を議場に諮るため、信任投票を行った。結果、以
     下の理事17名と監事2名のいずれについても、出席正会員の議決権総数(理事会の指名する
     正会員への委任33 票、書面表決43票を含む)の過半数の不信任がなかったので、信任され、
     第4号議案は原案のとおり承認可決された。


                  理事  後藤 滋樹
         理事  佐野 晋
         理事  鈴木 幸一
         理事  野村 純一
         理事  丸山 直昌
         理事  村井 純
         理事  荒野  高志
         理事  山口  英
         理事  歌代 和正
         理事  江崎 浩
         理事  小林  洋
         理事  高瀬  哲哉
         理事  伊藤  公祐
         理事  山田  茂樹
         理事  曽根 秀昭
         理事  石田 卓也
         理事  宇井 隆晴

         監事  大町 隆夫
         監事  香川 進吾



  以上をもって本総会における全議案の審議を終了したので、議長は閉会を宣言した。

  上記議事の経過の概要及びその結果を明らかにするためこの議事録を作成し、議長及び
議事録署名人が下記に署名捺印する。



  2008年 6月 20日


    社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター第35回総会(通常総会)
            

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.