メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

ニュースレターNo.19/2001年4月発行

2 社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター総会報告 English Page

2-2 第12回総会(臨時総会)報告

社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)の第12回総会が、2001年2月19日(月)に池之端文化センター黄金の間にて開催されました。今回の議題は、

  • 2000年度補正予算案承認の件
  • 入会金および会費等に関する細則改定案、議決件数に関する細則改訂案承認の件

の件の2件でした。

最初に、竹内総務部長より、議長委任を加え228会員の出席(527票)があり定足数に達したことが報告され、総会の成立が宣言されました。続いて議長の選出を行い、出席正会員全員一致をもって村井純氏が選任され、引き続き本総会の議事録署名人として岡田智雄氏と坂田信夫氏両名の指名が承認されました。

第1号議案については議長の指名により、佐藤俊也事務局員が資料1-2に基づいて説明を行いました。質問がなかったので本案件の承認の可否を諮ったところ、過半数の賛成をもって承認されました。(投票の結果:賛成 621票、反対 11票、棄権 26票、無効 5票)。

第2号議案については議長の指名により小島育夫事務局員が資料2-1、2-2に基づいて説明を行いました。質疑応答の後、本案件の承認の可否を諮ったところ、過半数の賛成をもって承認されました。(投票の結果:賛成 611票、反対 33票、棄権 42票、無効 8票)。

第2号議案で行われた主な質疑応答は以下のとおりです。

質疑: 会費の支払い方法はどうか。
応答: 会費SからCに関しては2回払いの分割が可能であり、会費Dについては一括納入をお願いしている。
質疑: 非営利会員の暫定処置について知りたい。
応答: 2年間暫定的に30万円の会費を納めていただく。3年目からは通常の正会員と同じ扱いと考えている。
質疑: 個人正会員は議決権があるのか
応答: 推薦を受けた個人会員は議決件数がある。ただ会費は免除される。
質疑: 賛助会員とはどのようなものか
応答: 年会費10万円で1口以上の会費を納めていただける方。議決件数はないが、総会でご意見を述べる権利はある。
質疑: 今年度中に取得しているドメイン名に関してはいつから維持料が発生するのか。
応答: 来年度分の維持料に関しては2001年2月末日の接続承認のドメイン数に応じて維持料を請求させていただく。

総会の配付資料としては、以下のものがありました。

配布資料

資料1-1 2000年度補正予算(案)
資料1-2 2000年度収支補正予算(案)
資料2-1 入会金及び会費等に関する細則(案)
資料2-2 議決権数に関する細則(案)

なおこの総会後、JPRS(株式会社日本レジストリサービス)代表取締役副社長佐野晋氏よりJPRSに関する説明があり、引き続き米谷嘉朗事務局員から「多言語ドメイン名」についての講演がありました。

この講演資料は、以下のURLから参照できます。

http://www.nic.ad.jp/jp/materials/symposium/index.html

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.