メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

ニュースレターNo20/2002年3月発行

5 2001年 インターネットトピックス

5-2 APNIC Open Policy Meeting報告

(2001年9月14日発行 vol.1より)

2001年8月28日から31日までの4日間、APNIC Open Policy Meetingが台湾の台北市で開催されました。内容は、APNICトレーニング、各種のSIG(Special Interest Group)、そしてAPNIC総会などです。

SIGは、Address Policy、IPv6、Routingなど各分野に分かれ、公募により集まった提案をもとに議論を行いました。そこで、各提案に対するコンセンサスを確認し、コンセンサスに至った事柄については今後アジア太平洋地域でのIPアドレスの割り振り・割り当てのポリシやガイドラインに反映されます。

今回、JPNICからは、IPv6 SIGにおいてIPv6の割り振り・割り当ての具体的ポリシの提案をIPアドレス検討委員会の荒野高志氏が行いました。この提案は、今年6月に行われたJPNIC Open Policy Meetingやその他の日本のインターネットコミュニティで得たコンセンサスやご意見を反映した内容となっています。APNICからも同じようにIPv6の割り振り・割り当てのポリシの提案が行われましたが、最終的にはそれら二つの提案を融合したものが、コンセンサスに至りました。今後は、より具体的な部分をメーリングリストで議論していくと共に、コンセンサスに至った内容をARIN、RIPE-NCCのミーティングに提案していくことになります。

なお、荒野氏の提案やその他のセッションで行われたプレゼンテーションの詳細は以下のURLから参照が可能です。

http://www.apnic.net/meetings/

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.