メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

ニュースレターNo20/2002年3月発行

5 2001年 インターネットトピックス

5-6 国際化ドメイン名(IDN)標準化の進捗状況

(2002年2月15日発行 vol.9より)

国際化ドメイン名(Internationalized Domain Name)の標準化状況について、第52回IETFからの進捗状況について報告します。

AMC-ACE-Zの正式名称が決定

提案者のAdam M Costello氏がAMC-ACE-Zの正式名称をPunycodeに決定しました。PunycodeはPuny(ちっぽけな、という意味)とcodeの合成語で、Punycodeが扱うUnicodeと韻を踏んでおり、また、プログラムや変換結果が小さくなるように設計されていることが由来です。

IDNA、NAMEPREP、PunycodeがWG Last Callに

2002年1月28日付けでIDN WGのチェアからIDNA、NAMEPREP、PunycodeへのWG Last Callがかかりました。Last Callのかかった提案(Internet Draft)は

  • draft-ietf-idn-idna-06.txt
  • draft-ietf-idn-nameprep-07.txt
  • draft-hoffman-stringprep-00.txt
  • draft-ietf-idn-punycode-00.txt

の4本です。Last Call期間は2002年2月11日までの2週間設けられ、その間に仕様の明確化を観点としたレビューが行われました。

継続している議論

IDNがサポートしない、言語的観点からの要求や表示上区別できない文字の混在について、どのように解決するかという議論が継続しています。

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.