メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

ニュースレターNo.36/2007年7月発行

第31回通常総会報告

2007年3月9日(金)、第31回JPNIC通常総会が千代田区丸の内の東京国際フォーラムにて開催されました。今回の総会では、2007年度事業計画案と2007年度収支予算案について会員の皆様にお諮りしました。また、総会冒頭の理事長挨拶の際には、この1月に理事を辞任した前村昌紀が、JPNIC職員となりIP事業部長に着任した旨をご報告し、前村より簡単に挨拶をさせていただきました。以下、本総会議案について簡単にご報告します。

第1号議案:2007年度事業計画案承認の件

2007年度事業計画案について、事務局長の成田が以下のように全体の説明を行いました。

  • (1) 2007年度は、2事業体制(IPアドレス事業、インターネット基盤整備事業)を継続し、効率化をさらに進め、着実な事業展開を図る。
  • (2) 昨年の通常国会にて「公益法人制度改革関連3法」が成立し、JPNICとしても2008年以降、この法律に示された対応が必要となるため、適宜準備を開始する。
  • (3) 各事業の財源について
【IPアドレス事業】
  • IPアドレスの維持料/手数料収入等
【インターネット基盤整備事業】
  • 会費収入、その他の収入及び昨年度設置の基金資産からの運用収入
  • ただし、JPドメイン名紛争処理及びデータエスクローの2業務については、JPドメイン名の登録料収入/更新料収入の一部をもって賄う

また、IPアドレス事業についてはIP事業部長の前村、インターネット基盤整備事業についてはインターネット推進部次長の伊勢より説明がありました。主な事業内容は、以下の通りです。

【IPアドレス事業】
  • 資源管理業務
  • 方針策定/実装業務
  • 国際調整業務
  • 調査研究業務
  • 情報提供業務
【インターネット基盤整備事業】
  • 情報センター業務
  • 普及啓発業務
  • 調査研究業務
  • インターネットセキュリティに関する業務
  • JPドメイン名の管理支援業務及び公共性の担保に関する業務

質疑応答の後、本事業計画案は原案の通り承認されました。

第2号議案:2007年度収支予算案承認の件

事務局長より、第1号議案の事業計画を実行するための予算案について説明が行われ、質疑応答の後、本収支予算案は原案の通り承認可決されました。

写真:会場の様子
第31回総会会場の様子

今回報告の第31回通常総会の資料、議事録等はJPNIC Webサイトにて公開しています。

□第31回総会
http://www.nic.ad.jp/ja/materials/general-meeting/20070309/

総会に引き続き「JPNICからのお知らせ」として、JPNIC事務局よりJPNIC・JPCERT/CCセキュリティセミナー2007(2007年3月13日開催)についてのご案内をさせていただきました。

その後に休憩をはさみ、恒例となりました講演会が行われました。今回の講演会は、長 健二郎氏((株)インターネットイニシアティブ 技術研究所 主幹研究員)より、「ISPから見たブロードバンドトラフィックの傾向」と題した講演が行われました。

写真:長健二郎氏
講演会では、 株式会社インターネットイニシアティブの長健二郎氏よりブロードバンドトラフィックの傾向についてご説明いただきました。

第32回通常総会(事業報告・収支決算)は、2007年6月15日(金)にホテルメトロポリタン エドモントにて開催されました。こちらについては、次号にてご報告する予定です。

(JPNIC 総務部 細越亜紀子)

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.