メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

ニュースレターNo.40/2008年11月発行

Internet Week 2008 いよいよ開幕!!

2008年11月25日(火)から11月28日(金)までの4日間、昨年に引き続き、 秋葉原コンベンションホール(東京)にて「Internet Week 2008」を開催いたします。 ぜひ皆様お誘い合わせの上、ご参加ください。

Internet Week とは

Internet Weekは、インターネットに関する技術の研究・開発、構築・運用・サービスに関わる人々が、関心を持つテーマについて議論し、理解と交流を深めるためのイベントです。業界の第一線で活躍されている方々をスピーカーにお招きし、各種セッション、ランチセミナー、BoF等を通じてインターネットの最新技術動向をお伝えし、毎年大勢の皆様にご参加いただいています(2007年の参加者実績:延べ2,300人)。

Internet Week 2008のコンセプト ~インターネットコミュニティにおける人との連携を促進~

1990年代から急速な発展・普及を遂げ、今や欠かすことのできない社会インフラにまでなった「インターネット」は、現在大きな問題に直面しています。それは、2011年頃には、地域インターネットレジストリにおける未分配IPv4アドレスの在庫がなくなるという「IPv4アドレス在庫枯渇問題」です。

IPv4アドレスの在庫が枯渇した場合、既存のインターネットが使用できなくなるわけではありませんが、IPv4アドレスを利用した新規サービスの立ち上げや、事業拡張は困難となり、ビジネスやユーザーに多大なる影響を与えることになります。また、この問題の解決は、一部の事業者による対応で済むという性質のものではありません。そのため、インターネットに関わる全てのステークホルダーが、同じ方向に、足並みを揃えて進んでいくことが必要不可欠となります。

こうした現状を踏まえ、今年のInternet Weekのコンセプトには、「インターネットコミュニティにおける人との連携の促進」を据えています。来るIPv4アドレス在庫枯渇期をスムーズに乗り越えるためにも、イベントを通じて大いに情報を共有し、議論し、具体的な克服に向けた技術を学んでいただきたいと思います。

Internet Week 2008のプログラム

今年は基盤技術動向を中核に据えながら、例年よりも幅広いレイヤを網羅した下記のセッションを行います。

  • Ready for the depletion?
    • ~IPv4アドレス在庫枯渇対応の進捗確認~
  • DNS DAY ~利用者を守れ!~
  • IT Community Impact!~世界を変える新たな潮流~
  • ワイヤレスブロードバンドの衝撃
  • ホスティングオペレーション
    • ~仮想サーバの最新動向と運用~
  • HTTP Meeting 2008 ~Webサービスの明日を見つけよう~
  • インターネットインフラのガバナンス総覧
  • 成功事例にみる地域情報化の核づくり
  • ネットワークアーキテクチャ~中立性第2ラウンド~
  • 実践!IPv6ネットワーク構築-基礎概念編-
  • 実践!IPv6ネットワーク構築-エンタープライズNW編-
  • 実践!IPv6ネットワーク構築-データセンタNW編-
  • 実践!IPv6ネットワーク構築-サービスプロバイダNW編-
  • 実践!IPv6Webサービス構築
  • xSPのための青少年ネット規制法対策
    • ~To filter or not to filter~
  • 2008年我々を悩ませた脆弱性たち
  • 次世代暗号アルゴリズムへの移行
    • ~暗号の2010年問題にどう対応すべきか~
  • IP Meeting 2008
    • ~IPv4アドレス在庫枯渇を乗り越える~

(プログラム詳細については、http://internetweek.jp/をご覧ください。)

Internet Week 2008のお楽しみ ~参加者が自由に使える交流スペースを設置~

今年初めての取り組みとして、会場内にミーティングスペース、 プレゼンテーションスペース、展示スペース等により構成される、「交流スペース」を設置します(図1)。 また、BoFを除く全てのセッションが終了した時間帯(17:30~19:30を予定)を「Happy Hour」とし、同スペースではドリンクと軽食をご用意し、くつろぎのひとときをご提供します(プログラム参加者は、参加費無料)。

年に一度、インターネット技術者をはじめとする多くの方が一堂に集結する「Internet Week」。この絶好の機会に、プログラムのみならず、人的交流からもより多くの人や事象と出会い、相互理解を深め、明日につなげる何かを得ていただきたいと思います。

参加申し込みは、当日も可能です。今年も多くの皆様のご来場を心よりお待ちしております。

(JPNIC インターネット推進部 平井リサ)


図:秋葉原コンベンションホール2Fマップ
図1 会場マップ

Internet Week 2008概要(2008年10月27日時点)

  • 【会期】2008年11月25日(火)~11月28日(金)
  • 【会場】秋葉原コンベンションホール
  • 【URL】http://www.internetweek.jp/
  • 【主催】社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)
  • 【企画】Internet Week 2008プログラム委員会
  • 【後援】
    総務省/文部科学省/経済産業省
    IPv6普及・高度化推進協議会/財団法人インターネット協会(IAjapan)/クライメート・セイバーズ コンピューティング・イニシアチブ(CSCI)/社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)/有限責任中間法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)/社団法人情報サービス産業協会(JISA)/地域間相互接続実験プロジェクト(RIBB)/社団法人電信情報技術産業協会(JEITA)/社団法人日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA)/日本DNSオペレーターズグループ(DNSOPS.JP)/財団法人日本データ通信協会(Telecom-ISAC Japan)/有限責任中間法人 日本電子認証協議会(JCAF)/日本ネットワーク・オペレーターズ・グループ(JANOG)/特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)/日本UNIXユーザ会(jus)/WIDEプロジェクト(WIDE)
  • 【協賛】
    NTTコミュニケーションズ株式会社/株式会社日本レジストリサービス/株式会社ネットワークバリューコンポネンツ/エクイニクス・ジャパン株式会社/エスアイアイ・ネットワーク・システムズ株式会社/日本インターネットエクスチェンジ株式会社/フリービット株式会社/インターネットマルチフィード株式会社/株式会社SRA/株式会社創夢/Asia Pacific Network Information Centre
  • 【ネットワークスポンサー】
    国立情報学研究所(NII/SINET)/シスコシステムズ合同会社/日商エレクトロニクス株式会社/アラクサラネットワーク株式会社/日本電気株式会社/NECアクセステクニカ株式会社/ヤマハ株式会社

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2019 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.