メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

ニュースレターNo.44/2010年3月発行

第39回JPNIC臨時総会報告

2009年12月4日(金)に、第39回JPNIC総会(臨時総会)を、東京都千代田区の富士ソフト アキバプラザにて開催いたしました。今回の総会では、導入準備が進められているIDN ccTLDである「.日本」に関する報告が1件、また審議事項としては2009年度補正予算案の1議案について、会員の皆様にお諮りしました。以下、本総会の議案等について、簡単にご報告します。

理事長挨拶

総会開会に先立って後藤滋樹理事長から、出席会員へ挨拶が行われました。その中で、JPNIC事務局長の交代に関する報告が行われました。

2001年以来事務局長として運営を担ってきた成田伸一に代わり、2009年12月1日付けで新事務局長として林宏信が就任したことが会員の皆様に伝えられました。なお成田は当面、事務局長補佐として、JPNICの運営に関わることも報告されました。

写真:後藤滋樹
JPNIC後藤滋樹理事長より、開会に先立ち挨拶がありました

報告事項:IDN ccTLD「.日本」について

2009年7月10日に開催された総務省の情報通信審議会において、「21世紀におけるインターネット政策の在り方(平成13年情報通信審議会諮問第3号)~新たなトップレベルドメイン名の導入に向けて~」という答申が行われました。この答申を踏まえ、日本国内におけるインターネット関連団体が共同して「日本インターネットドメイン名協議会」※1を設立し、活動を開始しています。この協議会で検討を進めている「.日本」について、JPNICの関わり方を含めたこれまでの経緯等を、成田事務局長補佐より報告いたしました。

写真:会場の様子
第39回JPNIC臨時総会会場の様子

第1号議案:2009年度補正予算案承認の件

本議案は、2009年3月19日に開催された第37回通常総会※2にて承認された、2009年度収支予算に変更が生じたため作成した、補正予算案についてお諮りしたものです。

主な補正の要素は、

  • インターネット基盤整備基金資産運用収入の減額補正
  • 2008年度決算値を反映させた前期繰越収支額の増額補正

等で、その他の増減する収支予算項目も併せて、林事務局長が説明を行いました。本議案は、原案の通り承認可決されました。

この第39回臨時総会の資料、議事録等は、JPNIC Webサイトにて公開しております。

社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター第39回臨時総会
http://www.nic.ad.jp/ja/materials/general-meeting/20091204/

総会に引き続き、講演会を行いました。今回は、当センターの前村昌紀インターネット推進部部長より、「ICANNの最新動向」と題した講演をお送りしました。講演では、ICANNの役割、組織構造や、新gTLD、IDN ccTLDに関する最新動向について説明いたしました。

写真:前村昌紀
総会後の講演会では、 JPNICインターネット推進部部長の前村昌紀よりICANNの最新動向についてご説明いたしました

次回の第40回通常総会(2010年度事業計画・収支予算)は、2010年3月12日(金)に開催予定です。

(JPNIC 総務部 佐藤俊也)


※1 日本インターネットドメイン名協議会
http://jidnc.jp/
※2 社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター 第37回総会(通常総会)
http://www.nic.ad.jp/ja/materials/general-meeting/20090319/

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.