メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

ニュースレターNo.45/2010年7月発行

「.日本」のレジストリ選定に関する選定基準案意見募集について

日本インターネットドメイン名協議会(以下、ドメイン名協議会)では、2010年2月23日(火)に、「.日本」のレジストリの選定に関する選定基準の案を公開し、公開から3月19日(金)まで、その案に対する意見募集が行われました。寄せられた意見を元に選定基準の最終検討が行われ、6月2日(水)に開催されるドメイン名協議会の理事会で諮られ、決定されました。その後、6月4日(金)に、選定基準と公募要領が公開されましたが、公募要領によると、6月16日(水)に説明会を実施した後、8月16日(月)まで応募申請を受け付けるとされています(詳しくはドメイン名協議会Webページをご覧ください)。

□選定基準及び公募要領の公表について
http://jidnc.jp/?p=533

本稿では、このレジストリ選定基準策定までの経緯を振り返ります。

ドメイン名協議会ではこの選定基準案の策定にあたって、具体的な検討を行う作業部会を設置しました。作業部会は、技術検討グループと経営基盤等検討グループの二つからなります。経営基盤等検討グループは、幹事会のメンバーを基本として構成され、技術検討グループは、幹事団体から推された専門家4人によって構成されました。

検討は、2009年7月の情報通信審議会答申にて示された8項目

  1. 技術的能力
  2. 経営基盤
  3. 事業計画
  4. 事業運営の公正性・透明性
  5. コンプライアンス体制
  6. ドメイン名登録者等外部からの苦情・問い合わせ、紛争などへの対応、情報セキュリティの管理体制
  7. 国際的な役割の遂行
  8. 国内のインターネットの発展への貢献

の精査から着手し、事業者選考の類似例のスタディ、ドキュメント群の通読などを行いました。

こうした検討を経て、結果的には、技術的能力(1)、経営基盤と事業計画(2、3)、それ以外(4~8)の3群が同じくらいの重みとなるようなバランスで項目設定がなされています。詳しくは、ドメイン名協議会Webページをご覧ください。

□選定基準(案)に対する意見募集
http://jidnc.jp/?p=369

また、このドメイン名協議会による選定基準に対する意見公募と並行して、JPNICでも独自に「.日本」に関して、選定基準だけに留まらない意見を広く募集いたしました。

□JPNICによる、IDN ccTLD「.日本」に関するご意見募集について
http://www.nic.ad.jp/ja/topics/2010/20100311-01.html

皆様からお寄せいただいたご意見については、JPNIC Webサイトですべて公開しております。

□「.日本」に寄せられたご意見
http://www.nic.ad.jp/ja/dom/opinion/comment-dotnippon.html

なお補足ですが、「.日本」のレジストリ選定に関する今後のスケジュールに関しては、以下のURLに、ドメイン名協議会理事会において承認された活動日程が示されています。この日程に示される通り、選定基準に従って実際にレジストリを選定する選定委員会に関しても、委員の選任が完了し、選考の準備作業が進んでいます。

□http://jidnc.jp/wp-content/uploads/2010/02/B3-schedule.pdf

(JPNIC インターネット推進部 前村昌紀)

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.