メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

ニュースレターNo.47/2011年3月発行

第42回JPNIC臨時総会報告

2010年度補正予算案を会員の皆様にお諮りする、第42回JPNIC総会(臨時総会)を、2010年12月10日(金)に、富士ソフト アキバプラザ(東京・秋葉原)にて開催いたしました。以下、本総会の議案等について、簡単にご報告します。

理事長挨拶

初めに、総会開会に先立って後藤滋樹理事長から、出席会員へ挨拶が行われました。

写真:JPNIC後藤滋樹理事長
JPNIC後藤滋樹理事長より、開会に先立ち挨拶がありました

続いて、今回の総会での議案説明を行いました。本総会では、「『IPアドレス等料金体系改定の件』の検討状況」、「JPNICにおけるIPv4アドレス移転に関する検討状況」という2件の報告事項ならびに、「2010年度補正予算案承認」について1件の審議事項がありました。以下に、個別の議案について、概要を記載します。

報告事項「IPアドレス等料金体系改定の件」の検討状況

2010年6月18日に開催された第41回総会で議案を撤回し、今回の総会において再度審議を行うこととしていた「IPアドレス等料金体系改定」の検討について、今回の総会では料金体系改定に係る議案提出を本総会では見送ること、また、これまでの活動実績、今後の料金体系改定に向けた取り組み予定等につきIP事業部次長の伊勢より報告しました。本件については、「IPアドレス等料金体系改定の見送りについて」の詳細をご覧ください。

報告事項 JPNICにおけるIPv4アドレス移転に関する検討状況

JPNICは、2011年中盤にIPv4アドレスの在庫が枯渇すると予測しています。この在庫枯渇後に発生する課題への対応策として提案され、現在JPNICで制度の導入を検討しているIPv4アドレス移転に関する進捗状況、今後の検討課題等について、IP事業部次長の伊勢より報告を行いました。

第1号議案:2010年度補正予算案承認の件

本議案は、2010年3月12日に開催された第40回通常総会※1にて承認された、2010年度収支予算に変更が生じたため作成した、補正予算案についてお諮りしたものです。

主な補正の要素は、

  • インターネット基盤整備基金資産運用収入の減額補正
  • 2010年度決算値を反映させた前期繰越収支額の増額補正

で、その他の増減する収支項目も併せて、林事務局長が説明を行いました。

本議案は、原案の通り承認可決されました。

この第42回臨時総会の資料、議事録等は、JPNIC Webサイトにて公開しております。

社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター第42回臨時総会
http://www.nic.ad.jp/ja/materials/general-meeting/20101210/
写真:総会会場
総会会場の様子

総会に引き続き、講演会を行いました。今回は、「運用者目線からのIETF標準化~RFC5952への軌跡~」と題して、IPv6アドレスの推奨表記を定めたRFC5952を執筆された、NECアクセステクニカ株式会社の川島正伸氏、NECビッグローブ株式会社の川村聖一氏にお話しいただきました。ご講演の中では、RFCを執筆した経緯をはじめ、このRFCが世に出るまでのご苦労など舞台裏をご紹介いただきました。

なお、2011年度の事業計画・収支予算をお諮りする、次回の第43回通常総会は、2011年3月11日(金)に開催予定です。

(JPNIC 総務部 佐藤俊也)


※1 社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター第40回総会(通常総会)
http://www.nic.ad.jp/ja/materials/general-meeting/20100312/

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.