メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

ニュースレターNo.5/1996年3月発行

4. 第5回JPNIC総会報告

第5回JPNIC総会が平成7年10月31日13:10から15:55に東京ガーデンパレスにて開催されました. 今回の総会の中心議題は,2.1 節で説明した, JPNIC平成8年度会費案に関するものでした.

まず,議長のJPNIC村井センター長の司会のものに, 出席者83名 (内委任状29通,なお構成員は79会員122名です)で総会の成立が確認されました. 続いて以下の配布資料等の確認と訂正 (タイプミス) のあと, 前回議事録の確認があり,若干の訂正の上,承認されました.

配布資料
第5回JPNIC総会議事次第
資料1 第4回JPNIC 総会議事要録(案)
資料2-1 平成7年度収入見通し
資料2-2 平成7年度予算執行状況
資料2-3 平成7年度補正予算案
資料3-1 平成8年度収支見通し
資料3-2 JPNIC平成8年度会費案
資料4-1 「 日本ネットワークインフォメーションセンター規程 」改正の趣旨・改正点要覧・改正案
資料4-2 「 本センター会員と会費に関する細則 」改正の趣旨・改正点要覧・改正案
資料4-3 「 本センター正会員の参加組織および会員の数え方に関する細則 」改正の趣旨・改正点要覧・改正案
資料4-4 「 本センター選挙に関する細則の改正 」改正の趣旨・改正点要覧・改正案
資料4-5 本センター手数料に関する細則
資料4-6 本センター会費及び入会金納入に関する細則
資料5 JPNIC会員、JPNIC委員一覧

続いて,平成7年度補正予算について,丸山事務局長により, 資料2-1、2-2に基づいて説明が行なわれました. 資料2-3に基づいた提案のもと,審議,投票が行われ,承認90, 不承認1,白票4で,以下の補正予算案が可決されました. 重要な点は,

  • 会費が当初予算よりも増えていること
  • 事務所の家賃が比較的安く済む予定であること
  • 業務の拡大に共ない,ワークステーション等をあらたに導入することにあります.
======================================================================
                        平成7年度補正予算案

[収入]
        項目            当初予算額        補正額        合計
--------------------------------------------------------------------------
        会費            52,700,000    20,000,000       72,700,000
      手数料            32,400,000             0       32,400,000
      繰越金             8,062,525             0        8,062,525
   -----------------------------------------------------------------------
        合計            93,162,525    20,000,000      113,162,525

[支出]
        項目            当初予算額        補正額        合計
--------------------------------------------------------------------------
1.事業費及び管理費

  (1)  会議費            1,200,000       500,000        1,700,000
  (2)  旅費交通費        5,000,000             0        5,000,000
  (3)  給料手当         30,500,000             0       30,500,000
  (4)  法定福利費        3,500,000             0        3,500,000
  (5)  福利厚生費          300,000             0          300,000
  (6)  事務所家賃        6,000,000    -2,900,000        3,100,000
  (7)  運送費              200,000             0          200,000
  (8)  APNIC 拠出        2,000,000     3,000,000        5,000,000
  (9)  広報活動費        6,500,000             0        6,500,000
  (10) 機器整備費       10,000,000    13,000,000       23,000,000 (註1)
  (11) 通信費            3,000,000             0        3,000,000
  (12) 水道光熱費          600,000             0          600,000
  (13) 消耗品費          3,000,000    -2,700,000          300,000 (註2)
  (14) 支払手数料        1,500,000             0        1,500,000
  (15) 商標登録費          100,000       500,000          600,000
  (16) 図書費              300,000             0          300,000
  (17) 職員研修費          300,000             0          300,000
  (18) 交際費              500,000             0          500,000
  (19) 雑費                400,000             0          400,000
  (20) 機器借用料                0     2,000,000        2,000,000
  (21) 不動産仲介手数料          0       520,000          520,000
  (22) 電気設備取得支出          0     2,000,000        2,000,000 空調・電源
  (23) 建物付属設備取得支出      0     3,400,000        3,400,000 間仕切
                                                                  ・壁面収納
  (24) 内装工事支出              0       600,000          600,000 床カーペット
  (25) 器具・備品購入支出        0     1,700,000        1,700,000 机椅子など
========================================================================
  事業費及び管理費 計   74,900,000    21,620,000       96,520,000

2.固定資産取得支出
  (1) 事務所保証金支出  12,000,000    -7,100,000        4,900,000
  (2) 電話加入権(3件)購入  230,000             0          230,000
  (3) デジタル専用線加入権       0       204,000          204,000
========================================================================
  固定資産取得支出 計   12,230,000    -6,896,000        5,334,000

3.予備費               6,032,525     5,276,000       11,308,525
==========================================================================
合計                    93,162,525    20,000,000      113,162,525

(註1)SS20 相当 x 4, SS5 相当 x 4, ルータ、 CSU x 2, UPS, HUB,
        ノートパソコン, コピー機 等
(註2)この消耗品費は当初予算では新事務所への移転に伴う機材調達、電源・
      空調・内装工事のための費用を含んだ額として提案したが、今回の補正
      ではこれらは (22)~(25)に分けた。
======================================================================
            

続いて,平成8年度以降の会費制度について, 丸山事務局長からの説明の後,佐野委員により, これまでのFINANCE-WGの活動の報告を兼ねて, 資料3-2に基づいてJPNIC平成8年度会費案の提案及び説明がありました. 概要については,本ニュースレターの2.1節をご参照下さい. 活発な質疑の後,15分間の休憩に入りました.

次に,会費制度の変更に共なう規程の改正について, 丸山事務局長より,資料4-1~4-4に基づいて, 提案及び説明が行なわれました. 一部,字句の訂正の後,投票が行われ,承認83,不承認11,白票4で, 規程の改正が可決されました. 改訂された規程につきましては,9節をご参照下さい.

最後に,公益法人設立準備委員会の設置について, 「公益法人設立準備委員会」が発足し、 以下の7名の委員が決定したことが報告されました.

丸山事務局長(委員長)、浅野理事、後藤(滋)運営委員、小西監事、 東田監事、松本理事、村井理事

今後,公益法人設立に向けての準備を進めて行きます.

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.