メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

ニュースレターNo.51/2012年8月発行

「IPv4アドレス在庫枯渇とIPv6への対応セミナー」開催報告

2012年2月16(木)~17日(金)の2日間にわたり、JPNICと岩手大学情報メディアセンターの共催により、「IPv4アドレス在庫枯渇とIPv6への対応セミナー」を岩手大学にて開催しました。本稿では、セミナーの概要を簡単にご報告します。

これまで、このようなセミナーは東京や大阪などで開催されることが多く、東北地方の方々に対してもIPv4アドレス在庫枯渇への対応についての喚起を行い、IPv6への対応の促進を図る目的で、今回のセミナーを企画しました。

セミナーは1日目と2日目で内容を大きく二つに分け、IPv4アドレス在庫枯渇の基礎的な情報/ 知識を主とするセミナー(Day1)および、 実際にネットワークを運用されている技術者に向け、 少人数制で実機を利用した演習形式のIPv6のセミナー(Day2)を開催するという構成を取りました。

無料セッションとして開催した、IPv4アドレスをめぐる現在の状況とそれへの対応を説明するセミナーであるDay1には、Webでのライブ視聴者17名を含む50名の一般参加者にご参加いただきました。

また、Day2に設定したIPv6ハンズオンセミナーについては、東北6県に在勤・在住の方は参加費を従来の半額とさせていただきました。その影響もあってか、Day2には14名と多くの方にご参加いただくことができました。

今回のイベントを通じて、東日本大震災からの復興に力を注いでおられる岩手のネットワーク環境の向上に、少しでもお役に立つことができればとても嬉しく思います。

なお、JPNICでは、今回の岩手開催以外にも、誰でも利用できるIPv6の検証環境(テストベッド)の提供など、IPv6のさらなる普及推進に向けた活動を行っています。詳しくはP.8からの特集2「永続的なIPv6対応に向けて」をご覧ください。

写真:いまさら聞けないQ&A
● 今さら聞けないQ & A コーナーの様子

IPv4アドレス在庫枯渇とIPv6への対応セミナー

開催日:
Day1 2012年2月16日(木) 14:00~17:00( 17:30~懇親会)
Day2       17日(金) 9:30~17:00
会 場:
Day1 岩手大学 図書館2階 生涯学習・多目的学習室
Day2 岩手大学 情報処理センター2階 教育用端末室
主 催:
社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)
岩手大学情報メディアセンター
後 援:
総務省 東北総合通信局
東北情報通信懇談会
東北学術研究インターネットコミュニティ/ TOPIC
ネットワーク連絡会
Day1 IPv4アドレス在庫枯渇の現状とその対応 Day2 IPv6ハンズオンセミナー(ネットワーク基礎編)
1 インターネットの発展とIPv4アドレス在庫枯渇 ~IPv4アドレス在庫枯渇はどのようにしておこったか~ JPNIC IP事業部
佐藤晋
1 IPv6概要(座学) JPNIC 技術部
小山祐司
2 IPv6への期待:災害時のインターネット 岩手県立大学
村山優子
2 クライアントの挙動について(座学+実習)
3 実践を通して見たIPv6と取り巻く環境の変化 岩手大学
中西貴裕
3 IPv6導入のための設計・構築・運用時の注意点(座学)
4 今さら聞けないQ&Aコーナー ~アドレス枯渇対策とIPv6移行のイロハ~ ~企業ネットの対策:どこからどう手を付ける?~ テレコムサービス協会/
日本電気株式会社

今井恵一
JPNIC インターネット推進部
前村昌紀
4 ルータの設定について(座学+実習)

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.