メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

ニュースレターNo.51/2012年8月発行

ICANNコスタリカ会議報告

2012年3月12日(月)から16日(金)まで、コスタリカの首都サンホセにて開催されたICANN会議に出席しました。コスタリカは中米に位置する自然豊かな国で、自然愛好家に人気のようです。開催地となったサンホセは、比較的標高が高いため、会議期間中の気候は夏の高原のように過ごしやすく、例えるならば避暑地のようでした。筆者にとっては、寒い日本を離れて、つかの間の避寒となりました。

本稿では、コスタリカ会議における、新gTLDに関連する議論の様子を中心に簡単に紹介します。

第43回ICANNコスタリカ会議

インターネット関係者のみならず、多くの人々が関心を寄せる「新gTLD」の申請期間が2012年1月12日(木)に始まり、今回の会議はその申請期間の真っ只中で行われたということもあってか、会議前にアジェンダを確認する限りでは、特に目を引くようなトピックはなかったと言えます。新しいトピックが出てきたというよりは、新gTLDに関連する話題が継続して議論されていたという感じでした。プログラムとしても、新gTLDプログラムの進捗状況等をICANNスタッフが説明する「New gTLD Program Update※1」のセッションのみならず、さまざまな切り口で新gTLDについて議論するセッションが開かれました。よって、「コスタリカ会議」として個人的に印象に残っているのは、やはり「新gTLD関連の議論」です。3月12日(月)に行われた開会式では、ICANN理事会チェアのSteve Crocker氏が、新gTLD導入の取り組みについて「これまでで最も大変な仕事であり、成功に向けて、なおも多くの努力がされている」といった内容のことを語っており、新gTLD関連の話題がそう簡単に収束しないことも何となく納得してしまいます。

ここからは、個別のトピックをいくつか取り上げます。

Batchingについて

新gTLDプログラムでは、申請数が500を超えた場合にはすべての申請を一度に処理せず、一定数ごとのグループに分けて(batching)申請手続きを進めることとしています。ただ、新gTLDのRFP(募集要項)となる新gTLD申請者ガイドブックでは、batchingには「secondary time-stamp processを用いる」といった内容のことが書いてあるだけで、その具体的な内容についてはコスタリカ会議までに示されませんでした。そのため、コミュニティからも政府諮問委員会(GAC)からも、batchingについての質問が多く出ました。申請予定者からすれば、組み入れられるグループによって自組織が行った申請の取り扱われ方が変わってしまっては堪らないので、客観的な基準に基づく公平な方法が構築されることを求む、といったコメントが多く聞かれ、ICANNからは、そういった要望に応えられるような方法を策定する、といった内容の回答がされていました。

IOC/RCRCに関する文字列保護

2011年6月のICANNシンガポール会議で新gTLD申請者ガイドブックの主要部分が承認された際には、国際オリンピック委員会(IOC)および国際赤十字・赤新月社運動(Red Cross/Red Crescent, RCRC)に関係する文字列を、トップレベルにおいて保護することも承認されました※2。そこで、その実装方法については、分野別ドメイン名支持組織(GNSO)評議会が設立したチームが、GACメンバーと協力して検討を行っていました。

チームが作成したIOC/RCRCの文字列保護に関する提案は、2012年3月2日(金)に意見募集に付されました※3。新gTLD申請期限が2012年4月12日(木)に迫っていた関係で、意見募集期限は3月23日(金)までと短めの設定となりましたが、それでもコスタリカ会議は意見募集期間中と重なりました。そのため、「意見募集中になってしまうが、コスタリカ会議でのGNSO評議会会議では、本提案を理事会に勧告する採決を行う見込みである」との断り書きもついて、この意見募集は始められました。

そして、GNSO評議会の会議では、予定通りに、IOC/RCRCの文字列保護に関する提案を理事会に勧告することが審議されました。提案を作成してきたメンバーを含む提案賛成派は、何とか現在進行中の申請ラウンドに提案実装を間に合わせたいという思いでコスタリカ会議に臨んだようですが、意見募集期間中であったため、寄せられる意見を待たないのはICANNのボトムアップの精神に反する、という理由から提案に賛成できないという意見も呈されて、結局はコスタリカでのGNSO評議会では採決に至りませんでした。最終的には、コスタリカ会議から間もない3月26日(月)に、本件のみを議論するための臨時電話会議が開催され、GNSO評議会としては多少の修正が加わった提案を採択し、理事会に勧告することを決議しました※4

写真:ICANNコスタリカ会議閉会式
● ICANN コスタリカ会議の開会式の様子

理事会決議

年3 回、公開で行われるICANN 会議は、月~木曜日まで各セッションで行われる議論が、最終日金曜日の理事会(会議)決議で山場を迎える、といった構成であるため、理事会決議がどのように出されるかは参加者の気になるところです。ところが、コスタリカ会議の3月16日(金)に行われた理事会では、consent agenda と呼ばれる、理事会の承認確認を残すのみの議題だけで、あっさりと終わってしまいました。これはイレギュラーなことなので驚きましたが、実は3月14日(水)に、「新gTLD に関連した理事の利害相反に関する議題」と「サービス提供者との契約に関する議題」が決議されていました※5。しかも、3月14日の会議開催については、事前通知を免除する決議が後追いで3月15日(木)に行われており※6、事の詳細は不明ながらも、ICANN や理事会として時間的余裕なく対応しなければならなかった様子が垣間見られます。

新gTLD以外のトピック

新gTLD関連の議論以外で印象に残ったのは、木曜日に行われたICANN Public Forumにおいて、運用が開始されて25年以上になる27TLDに対して、ICANNから証書が贈られたことです。この中には、1986年8月に村井純個人に委任された.JPも含まれ、その後JNIC、JPNICでの登録管理を経て、現在の.JPのレジストリである、株式会社日本レジストリサービス(JPRS)も表彰されました。四半世紀を超える日本におけるインターネット資源管理の歴史については、JPNICでも関係者に協力を仰ぎつつ編纂作業を進めているところですので、ご期待いただきたく思います。

次回第44回ICANN会議は、2012年6月24日(日)~ 29日(金)にチェコ共和国の首都プラハにて開催されます。

(JPNICインターネット推進部 高山由香利)


このコスタリカ会議の開催を受けて、恒例となっているICANN報告会を、財団法人インターネット協会(IAjapan)の共催にて2012年5月8日(火)に開催いたしました。

第33回ICANN 報告会開催概要

日時: 2012年5月8日(火) 13:30~ 16:20
会場: シスコシステムズ合同会社 東京本社会議室(25F)

1. ICANNコスタリカ会議概要報告
JPNIC 高山由香利
2. ICANN 国コードドメイン名支持組織(ccNSO)関連報告
株式会社日本レジストリサービス 堀田博文氏
3. ICANN 政府諮問委員会(GAC)報告
総務省 中西悦子氏
4. ICANN At-Large諮問委員会(ALAC)メンバーからのメッセージ(録画)
ICANN ALAC メンバー Evan Leibovitch氏
5. ICANN GNSOレジストラ部会の最新動向
株式会社インターリンク Jacob Williams氏
6. ICANNアドレス支持組織(ASO)報告
日本電信電話株式会社 藤崎智宏氏
7. WHOISに関する最近の動向
JPNIC前村昌紀

第33回ICANN報告会をはじめとした各報告会の発表資料は、JPNIC Webサイトの下記のページにて公開しています。また、動画も掲載しておりますので、ぜひそちらもご覧ください。

http://www.nic.ad.jp/ja/materials/icann-report/20120508-ICANN/

写真:第33回ICANN報告会風景
● ICANN 報告会の様子

※1 New gTLD Program Update
http://costarica43.icann.org/node/29529
※2 Approved Board Resolutions | Singapore
http://www.icann.org/en/minutes/resolutions-20jun11-en.htm
   ICANNトピックス:ICANN理事会(2011年6月20日開催)決議全文
http://www.nic.ad.jp/ja/topics/2011/20110706-02.html
※3 “Proposal to Protect International Red Cross and International Olympic Committee Names at the Top Level in New gTLDs”
http://www.icann.org/en/news/announcements/announcement-2-02mar12-en.htm
※4 GNSO Council Resolutions 20120326-1
http://gnso.icann.org/resolutions/
※5 Approved Board Resolutions | Special Meeting of the ICANN Board “Board Member Conflicts of Interest -- New gTLD Program”
http://www.icann.org/en/groups/board/documents/resolutions-14mar12-en.htm
   Approved New gTLD Resolutions | Special Meeting of the ICANN Board “Approval of New gTLD Service Providers”
http://www.icann.org/en/groups/board/documents/resolutions-2-14mar12-en.htm
※6 Approved Board Resolutions | Special Meeting of the ICANN Board “Waiver of Meeting Notices”
http://www.icann.org/en/groups/board/documents/resolutions-15mar12-en.htm

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.