メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

ニュースレターNo.62/2016年3月発行

第29回JPNICオープンポリシーミーティング報告

2015年11月17日(火)に、富士ソフト アキバプラザにて、 Internet Week 2015の同時開催イベントとして第29回JPNICオープンポリシーミーティング(JPOPM)を開催いたしました。 今回は番号資源の管理ポリシーに関する提案はなく、 6件の情報提供がありました。 ミーティングには、 オンサイトで約30名(関係者含まず)の皆さまに参加いただきました。 ストリーミングにおいては、ユニークなアクセス数は31、 平均で10人前後のアクセスがありました。 以下、いくつかのトピックスについて報告します。

JPNICにおけるポリシー実装状況報告

前回のJPOPMでは、 番号資源管理ポリシーの変更を伴う提案がなかったため、 実装についての報告はありませんでしたが、 前々回のJPOPM27での提案「(027-01) JPNICにおけるアドレス移転支援について」の議論を経て組成された作業グループによる検討の結果、 実施することとなった「移転希望者リストサービス」の準備状況、 そして各種統計情報の報告が行われました。 統計情報では「JPNICに返却済みIPv4アドレスからの割り振り」「AS番号移転」「IPv6アドレス分配動向」「IPv4アドレス移転件数の推移」等についてJPNICから報告がありました。 割り振りの件数等、情報の詳細については、 当日発表の資料をご参照ください。

第29回JPNICオープンポリシーミーティングプログラム
http://www.jpopf.net/JPOPM29Program

意見交換セッション

このセッションは、 他のポリシーフォーラムにおいて議論されているトピックや、 ポリシーの提案を検討している過程でコミュニティに意見を求めることを目的にした、 発表、質疑応答、議論で構成されたセッションです。 初めての試みですが、 今回は二つの意見交換セッションを実施しました。

一つ目は、 APNICのポリシーフォーラムで今後議論される可能性のある提案についてです。 これは前回のAPNICのポリシーフォーラム(Policy-SIG)でチェアから「今回は議論を実施しなかったが、 現在準備が進められている新しい提案がある」という趣旨の発言と、 その準備中の提案の概要について説明がありました。 セッションでは今後議論する可能性のある提案の内容を、 その発言から想像できる範囲において整理して、 意見交換を実施しました。 もう一つは、 話者が今後APNICのポリシーフォーラムに対して提案を検討している内容について、 JPコミュニティに意見を求めることを目的に、 意見交換を行いました。

いずれも具体的な内容については、次のURLから当日発表の資料、 議事録、録音等をご参照ください。

第29回JPNICオープンポリシー ミーティングプログラム
http://www.jpopf.net/JPOPM29Program

その他、現状の日本におけるポリシー策定プロセス(PDP)の解説、 APNIC 40カンファレンス参加報告、 番号資源におけるIANA機能の監督権限移管に関する状況のアップデート、 ASO AC (Address Supporting Organization Address Council; アドレス支持組織評議会)の活動について、 APNIC 40/APRICOT 2016参加支援プログラムについて、 オープンマイク等のセッションを開催しました。

ミーティングを振り返って

今回、初めて意見交換セッションを実施しました。 いずれも発表は筆者が行いましたが、 参加者の皆さまと共に良い意見交換の時間を持てたと感じました。 多くの意見をいただき感謝申し上げます。 意見交換の対象となる内容が、想像の範囲を出ないものであったり、 検討過程の提案に基づくものであるため、 発表や議論のファシリテーションが不十分に感じられた方もおられたかもしれません。 おわび申し上げます。

このセッションは、 次回のAPNIC Policy-Sigセッションに備えた意見収集の代わりになるものではありませんが、 予想できる内容であるとはいえ、 あらかじめ情報を知り議論しておくことで、 実際の提案が出て来た時に備える一助になればと考えています。 そして、今後、 提案が出て来た時に日本のコミュニティからのインプットが積極的に行われることも期待しています。 次回以降もトピックを探して、 意見交換セッションを実施できればと考えていますので、 興味のあるトピックをお持ちの方がいればぜひ、 発表募集に応募いただければ嬉しいです。

写真: 会場の様子
● JPNICにおけるポリシー実装状況も報告しました

APNIC 41カンファレンスについて

次回のAPNIC 41カンファレンスは、 ニュージーランドで下記の日程にて開催されます。

開催地 ニュージーランド・オークランド
開催期間 2016年2月15日(月)〜26日(金)
https://conference.apnic.net/41

第30回JPNICオープンポリシーミーティングについて

次回のJPOPMは、2016年7月をめどに開催を予定しております。 詳細が確定し次第、 こちらについてもIP-USERSメーリングリストにてお知らせいたします。
最後になりますが、オンサイト、 リモートともにご参加および発言いただいた皆さま、 ご発表いただいた皆さま、ありがとうございました。

次回のミーティングでも、 アドレスポリシーに関してご意見をお持ちの方の提案や、 プレゼンテーションのご応募をお待ちしています。 今回ご参加いただけなかった方も、ぜひともご参加ください。

写真: 議論の様子
● 当日の議論の様子

(ポリシーワーキンググループ/グリー株式会社 橘俊男)

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.