メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

ニュースレターNo.63/2016年7月発行

「インターネット白書」と「インターネット白書ARCHIVES」のご紹介

毎年発刊されている「インターネット白書」ですが、このニュースレターをご覧になっている方の中にも、毎年購入されている方もいらっしゃるかと思います。このインターネット白書は、2014年発刊分からは電子化されると同時に、バックナンバーについてはWeb上で公開されるようになりました。本稿では、まだご存じない方のために、「インターネット白書」および「インターネット白書ARCHIVES」を簡単にご紹介します。

インターネットに関する年鑑『インターネット白書』

「インターネット白書」は、1996年に初めて発売され、毎年1回、これまでに計20年分の白書が発刊されています。2014年1月に発刊された18冊目の「インターネット白書2013-2014」からは、B5版にやや小型化されるとともにオンデマンド印刷での提供となり、電子書籍版も刊行されるようになりました。また、この2014年発刊分からは、JPNICも編集委員会のメンバーとして白書の企画・編集に全面的に協力しています。

2016年5月時点で最新の白書は、2016年1月発刊の「インターネット白書2016 20年記念特別版」で、タイトルの通り、1996年の初版発行より20年の節目を迎えた記念版となり、インターネットの現在、過去、未来を概観できる特別構成になっています。

「20年記念特別企画」の目玉コーナーは、Webでもご確認いただけます。この企画では、各分野の専門家にインターネットの10年後を語ってもらっています。みなさまも2026年の未来にしばし思いを馳せてみてください。

[20年記念特別企画]インターネットの10年後を語ろう! 2026年への展望または仮説
http://iwparchives.jp/2016special/
写真: 「インターネット白書2016  20年記念特別版」の表紙
● 最新版となる「インターネット白書2016 20年記念特別版」

インターネット白書ARCHIVES

ここまでご紹介したインターネット白書ですが、過去のアーカイブはWeb上で無料にてご利用いただけます。『インターネット白書2016』の発行により、2015年発刊分の白書まで、デジタル版を次のサイトにてご覧いただけます。

インターネット白書ARCHIVES
http://iwparchives.jp/

インターネットに関わりはじめた昔を思い起こしてみたり、今後のサービス開発の参考にしてみたり、インターネット白書はいろいろな活用方法があると思います。貴重な資料ですので、折に触れてお読みいただければ幸いです。

参考

『インターネット白書2016 20年記念特別版』発刊のお知らせ(2016/01/29)
https://www.nic.ad.jp/ja/topics/2016/20160129-01.html
『インターネット白書ARCHIVES』に2015年版が追加掲載(2016/02/04)
https://www.nic.ad.jp/ja/topics/2016/20160204-02.html
画面: インターネット白書ARCHIVES
● サイトではこれまで発刊された白書を無料でご覧いただけます

(JPNIC インターネット推進部 高山由香利)

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.