メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
プリント用ページ

ニュースレターNo.64/2016年11月発行

Internet Week 2016 ~見抜く力を!~ 開幕!!

今年のInternet Weekは10年ぶりに開催場所を東京・秋葉原から移し、お隣の駅である浅草橋にある、より大きな会場の「ヒューリックホール&ヒューリックカンファレンス」にて、11月29日(火)〜12月2日(金)の4日間で開催されます。本号の特集では、会場以外にもいろいろと新しくなった「Internet Week 2016」を皆さまにご紹介します。

写真:Internet Week 2016 バナー

「見抜く力を! :このテーマに込めた想い」

JPNIC理事/Internet Week 2016実行委員長 高田 寛

写真:高田寛氏

今年も、Internet Week 2016(IW 2016)について、皆さまにご案内できることとなりました。IW 2016は、浅草橋駅前の「ヒューリックホール&ヒューリックカンファレンス」にて、2016年11月29日(火)〜12月2日(金)に開催します。

IWは、インターネットに関わるすべての方とインターネットの基盤に関わる技術や社会的な最新動向を共有することで、不測の事態にも適切に対応できるインターネット環境の実現をめざして、毎年1回開催しているイベントです。

毎年言っていますが、年々、インターネット、ことにセキュリティに関する脅威が増しています。この意味では、我々を取り巻く状況は日々悪化しているとも言え、多くの事象を前にして、徒労感を覚える人も少なくないに違いありません。

もちろんそうした脅威を前に、世の中には、数多くのソリューションが提示されています。しかし、これだけ多様化・高度化したネットワークの上で起こる巧妙で複雑化した事態を前に、どういった対策を選び、どう対峙するのが適切か、そんなことを適切に判断できる人が、残念ながら減ってきているようにも感じています。

そこで、今年のテーマである「見抜く力を!」です。課題が発生した時に、その課題の本質を的確に捉え、どういう対応が適切なのかを判断できる土壌をIWが提供していきたい、という気持ちを込めています。

このテーマの検討にあたり、プログラム委員会では「『見極める!』はどうか」という意見もありました。しかし、「『見極める!』だと、IWに見極め方のノウハウを求める人が来るのではないか。IWに来る人は、見抜く力を養いたい人であって欲しいし、共にそうした力を養っていこうよというメッセージを出したい」といった意見が出て、IW 2016のプログラム委員会の満場一致で「見抜く力を!」に決まったという経緯があります。

今年は会場も変わっています。見抜く力を養いたい多くの人に来てもらいたいと、会場を大きくすることにしました。また、例年になかった1日券を導入し、より体系だった話を1日かけて、盛りだくさんで聞いてもらえるよう、仕立てを変えようとしています。

こうした目的を達成するためにどういうプログラムを組むべきか、プログラム委員会と実行委員会が一体となって、オンサイト、メーリングリスト、Wiki、Slackといったツールもフル活用して、今年は熱い議論を重ねてきました。多くの皆さまの満足な顔を見るためのがんばりだと思っています。

今年も、多くの皆さまとお会いできることを楽しみにしています。

Internet Week 2016 はこんな風に変わりました!

特徴1 会場が浅草橋のヒューリックホール&ヒューリックカンファレンスに!

Internet Weekは、今年で20回目を迎えます。この節目に、Internet Weekは会場を6年ぶりに変更します。

新会場は秋葉原から電車で一駅、東京・浅草橋のヒューリックホール&ヒューリックカンファレンス。JR総武線または都営地下鉄浅草線 浅草橋駅のどちらからも徒歩2分以内の便利な会場です。

378名収容可能なイベントホールがあり、より多くの方をお迎えできるようになりました。

写真: 会場の様子

特徴2 20周年特別企画(1) 1日プログラム&4日通し券導入!

新たに1日プログラムを導入し、今年特に注目を集めたトピックを扱います。業務に直接関係のある分野から、その周辺領域までを1日で学べます。

また、会場が広くなったこともあり、必要なセッションを多くの方に聴いてもらいたいことから、1日プログラム2日分の料金で4日間ご参加いただけるお得な4日通し券も用意しました。

もちろん、従来通りのチュートリアルも用意しています。ぜひ幅広くセッションにご参加ください。

1日プログラムラインナップ
1日目[11月29日(火)] 法規制とサイバー攻撃対策の動向を見抜く!
2日目[11月30日(水)] 先進のインフラ運用を見抜く!
3日目[12月1日(木)] 脆弱性情報とDNSの本質を見抜く!
4日目[12月2日(金)] IP Meeting 2016 〜見抜く力を〜

特徴3 20周年特別企画(2) 懇親会にご招待!

20周年の感謝を込め、最終日に開催される懇親会に次の方を無料でご招待します。Internet Week 2016締めくくりの会に、ぜひご出席ください。

  1. IP Meeting 2016 にご参加いただいた方
  2. 1日セッションの4日通し券をご購入いただいた方
写真: 会場の様子

特徴4 学割導入!

Internet Week 2016では、参加費への学割導入を予定します。

お知り合いに「インターネットに関わる技術者・研究者をめざしている」、あるいは「インターネットの最新技術・社会動向に興味がある」という学生さんがいらっしゃいましたら、ぜひInternet Weekをご紹介ください。

受付開始 2016年11月14日(月)〜
対象者 Internet Week 2016 開催時点で25歳以下の学生の方
優待内容 学割受付開始時点で空席のあるセッションの参加費を一般事前登録料金より90%引き
その他 当日は総合受付にて学生証をご提示いただきます

Internet Week 2016 プログラム

写真:Internet Week 2016プログラム

Internet Week 2016 開催概要

【正式名称】 Internet Week 2016
【テーマ】 「見抜く力を!」
【開催地】 ヒューリックホール&ヒューリックカンファレンス
東京都台東区浅草橋1-22-16
ヒューリック浅草橋ビル
http://www.hulic-hall.com/access/
【開催日程】 2016年11月29日(火)から12月2日(金)の4日間

[同時開催イベント]
IPv6 Summit in TOKYO 2016
第31回JPNICオープンポリシーミーティング(JPOPM31)
第16回日本インターネットガバナンス会議(IGCJ 16)
【開催目的】
  1. インターネットの発展を推進する
  2. インターネットに関する議論の場・交流の場を提供する
  3. セミナー開催によるインターネット基盤技術の普及を図る
【対象者】 インターネットの技術者および
インターネット技術と社会動向に興味のある方
【内容】 インターネットに関するチュートリアル、最新動向セミナー、ランチセミナー、BoF等
【主催】 一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)
【後援】 (申請中/申請予定含む)
総務省/文部科学省/経済産業省
一般社団法人ICT-ISAC
ICT教育推進協議会(ICTEPC)
IPv6普及・高度化推進協議会(v6pc)
一般財団法人インターネット協会(IAjapan)
(ISC)2(International Information Systems Security Certification Consortium)
Internet Society Japan Chapter(ISOC-JP)
仮想化インフラストラクチャ・オペレーターズグループ(VIOPS)
一般社団法人クラウド利用促進機構(CUPA)
一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)
一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)
一般社団法人情報サービス産業協会(JISA)
国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)
一般社団法人セキュリティ対策推進協議会(SPREAD)
一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)
一般社団法人日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA)
日本シーサート協議会(NCA)
一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)
一般社団法人日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)
日本セキュリティオペレーション事業者協議会(ISOG-J)
日本DNSオペレーターズグループ(DNSOPS.JP)
日本ネットワーク・オペレーターズ・グループ(JANOG)
特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)
日本UNIXユーザ会(jus)
フィッシング対策協議会
WIDEプロジェクト(WIDE)
【参加予定者数】 延べ2,800名
【URL】 https://internetweek.jp/
Facebook https://www.facebook.com/InternetWeek
Twitter https://twitter.com/InternetWeek_jp
ハッシュタグ #iw2016jp
【お問い合わせ先】 iw-info@nic.ad.jp (Internet Week 2016 事務局)
写真: 会場の様子

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2019 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.