メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:

2. 最新トピック

 この情報は1997年3月時点の情報であり、 ドメイン名の移転は2000年7月に 原則自由化 されております。 最近の情報については JPRS にお問い合わせ下さい。

2.2 JPドメイン名の譲渡禁止

 JPNIC では、ドメイン名の譲渡は一切認めておりません。

 gTLD(generic Top Level Domain)である.com,.net,.orgでは、 一組織一ドメイン名や譲渡禁止などのルールはなく、 一組織で複数ドメイン名を取得できますし、 ドメイン名の譲渡も行なわれています。 譲渡については、金銭を伴うものが多く、 非常に高額な料金で売買されているものもあります。 このため、本当に必要とする人が必要なドメイン名を取得できない、 必要なドメイン名を取得するために高額な負担を強いられるなどの問題も発生しております。

 現在の.comなどで起こっているようなドメイン名の譲渡は、 インターネットの健全な発展にとって望ましくないとの考えからJPNICではドメイン名の譲渡を禁止しております。

 最近、ドメイン名の売買を公然と標榜される方がおられますが、 JPドメイン名の譲渡はできませんので、ご注意下さい。

 また、申請書に書く「組織名」は、 申請の代行者やネットワークの管理運用を委託された会社名ではなく、 実際にそのドメイン名を利用する組織名を書いてください。 後になって請け負い会社が変わったなどの理由で「組織名」変更の申請を頂いても、 譲渡禁止の原則によりお受けすることはできません。

 JPNIC では、 現在ドメイン名は組織などを識別するための記号 (住所のようなもの) であり、 ネットワークコミュニティ共有の財産であるとの考え方で、 一組織一ドメイン名や譲渡禁止などのルールを設けてドメイン名割当を行っておりますが、 ユーザニーズの多様化や要望に対応した割当をするために調査、 検討を進めています。 現在、DOMAIN-TALKメーリングリストを開設しておりますので、 皆様のご意見をお聞かせ下さい。 DOMAIN-TALKメーリングリストは、以下を御参照下さい。

  http://www.nic.ad.jp/jpnic/hottopics/domain-talk.txt

 今後とも皆様の御理解と御協力をお願い致します。

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。