メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

Q&A-JPIRRについて

このページに掲載されているのは2020年8月21日時点の情報です。
Q.8-1 JPIRR (JPNIC Internet Routing Registry)とはどのようなものでしょうか。
A.8-1 日本における経路制御品質向上手法の開発・ 普及啓発活動の推進を目的として、 JPNICが運用を行っているIRRです。 詳しくは、 JPIRRのページをご覧ください。
(最終更新日:2020-08-21)


Q.8-2 RADBにもオブジェクト登録を行っていますが、JPIRRを利用する場合には、RADBの登録を解除してJPIRRへ移行しなければならないのでしょうか。
A.8-2 いいえ、その必要はありません。 JPIRRにデータを登録すればRADBやAPNIC、 RIPEなど複数のデータベースから JPIRRに登録したデータを参照することができます。

RADBとJPIRRに登録することによって、検索を行った場合、 RADBとJPIRRの二つのオブジェクトが見えることになりますが、 この二つの登録内容に差がない限り現実的に問題は発生しません。

また、データの参照の方法にもよりますが、 複数のデータベースに登録されていれば、 一方のデータベースの障害などにより情報が全く参照できなくなってしまうケースを回避することが可能となり、 より信頼性を確保することができます。
(最終更新日:2020-08-21)


Q.8-3 RADBとJPIRRの両方にオブジェクト登録を行っています。RADBの登録を終了し、JPIRRのみの登録にすることを考えています。JPIRRのみの登録とした場合に、通信への影響はありますか?
A.8-3 ご自身のネットワークが海外(日本国外)との通信が多い場合には、 RADBとJPIRRの両方に登録されることをお勧めいたします。 海外のネットワークの運用者がRADBを参照する場合、 RADBに直接登録された情報のみを参照して(JPIRRからミラーされた情報は参照されず)フィルタリングする可能性もあります。 そのようなネットワークとの通信も可能とするためです。
(最終更新日:2020-08-21)


Q.8-4 JPIRRへのオブジェクト登録はどのように行えばよいでしょうか。
A.8-4 JPIRRへのオブジェクト登録方法は二つあります。 1を選択される場合には、上流の接続先にご相談ください。
  1. 上流の接続先(委託先)へ、JPIRRへのオブジェクト登録も依頼する。
  2. ご自身でJPIRRのメンテナーオブジェクトの割り当てを受け、オブジェクト登録を行う。
(最終更新日:2020-08-21)


Q.8-5 JPIRRサービスの利用に費用はかかりますか。
A.8-5 いいえ、 オブジェクトの登録・更新、登録情報の検索のいずれも無料でご利用いただけます。
(最終更新日:2020-08-21)


Q.8-6 メンテナーオブジェクトを新規登録する場合の流れを教えてください。
A.8-6 JPIRRサービス規約」および 「JPIRRサービスのオブジェクト登録に関する細則」 をまずはじめにご確認ください。 内容の確認後に、 「JPIRRでのオブジェクト登録について」 にあるMaintainerオブジェクトの新規登録フォームを irr-admin@nic.ad.jp までお送りください。
(最終更新日:2020-08-21)


Q.8-7 JPIRRにメンテナーオブジェクトを登録するための資格はありますか。
A.8-7 以下のいずれかに該当する場合、 JPIRRへのメンテナーオブジェクト登録が可能です。 条件に該当するかどうかご不明の場合には、 irr-admin@nic.ad.jp までお問い合わせください。
  • IPアドレス管理指定事業者
  • 特殊用途用プロバイダ非依存アドレスの割り当てを受けた組織
  • JPNICからAS番号の割り当てを受けた組織または個人
  • JPNICから歴史的経緯を持つプロバイダ非依存アドレスの割り当てを受けた組織または個人
(最終更新日:2020-08-21)


Q.8-8 メンテナーオブジェクトに登録したパスワードを忘れてしまいました。登録済みのパスワードの通知や、パスワードの再発行は可能ですか。
A.8-8 JPNICにて現在のパスワードを無効化して、パスワードを再発行します。 メンテナーオブジェクトに登録された担当者または電子メールアドレスから irr-admin@nic.ad.jp までお問い合わせください。 なお、発行されたパスワードは、 担当者ご本人のみが知る文字列に必ず変更するようにしてください。
(最終更新日:2020-08-21)


Q.8-9 Routeオブジェクトやaut-numオブジェクトなど、メンテナーオブジェクト以外のオブジェクトの登録・更新や、登録されたオブジェクトを削除する場合の手順を教えてください。
A.8-9 各オブジェクトに対応した申請フォームを、 電子メールで auto-dbm@nic.ad.jp 宛にお送りいただくことで機械的に登録・削除が行われます。 申請フォームは機械的に処理されますので、 申請フォーム前後の説明や破線、 送信される方の署名などは含めないようにしてください。
(最終更新日:2020-08-21)


Q.8-10 メンテナーオブジェクト以外に登録するべき、または、登録しておいたほうが良いオブジェクトがあれば教えてください。
A.8-10 アドレスのプリフィックス情報とASの起源情報を表すorigin ASの情報を記述した「routeオブジェクト」、 AS番号の割り当て先やルーティングポリシー情報を記述した「aut-numオブジェクト」、 接続するAS番号や経路の受信/提供するAS番号を一つの共通したポリシーにまとめて記述する「as-setオブジェクト」、 の3種類のオブジェクトは登録をお勧めいたします。
(最終更新日:2020-08-21)


Q.8-11 申請フォームを電子メールで送信する場合の注意点があれば教えてください。
A.8-11 送信する際の電子メールは、テキスト形式で作成してください。 申請フォームは機械的に処理されるため、テキスト形式ではない場合、 フォーム以外の内容を識別できずエラーとなる恐れがあります。
(最終更新日:2020-08-21)


Q.8-12 admin-cやtech-cの項目に、メールアドレスを設定したらエラーが返ってきます。
A.8-12 admin-cやtech-cにはメールアドレスを登録できないようになっています。 JPNICハンドル、 もしくは姓と名の間をスペースで区切った担当者名を記入してください。 姓と名の間にスペースが含まれていないとエラーとなります。
(最終更新日:2020-08-21)


Q.8-13 上流の接続先(委託先)によりオブジェクトが既に登録されています。この状態で、自組織にて新たに登録されたメンテナーオブジェクトを利用して、routeオブジェクトなど必要なオブジェクトを登録できますか。
A.8-13 オブジェクトを登録できます。 ただし、同じ範囲のprefixとorigin ASの情報をもつrouteオブジェクトを二つ登録することができません。 また、aut-numオブジェクトについても同様です。 同じAS番号に関するaut-numオブジェクトを二つ登録することができません。

既に登録されているオブジェクトの削除を上流の接続先に依頼して、 削除されたことを確認後に、自組織でオブジェクトを改めて登録してください。
(最終更新日:2020-08-21)


Q.8-14 メンテナーオブジェクトを削除する場合の手続きを教えてください。
A.8-14 メンテナーオブジェクトの削除をご希望される場合には、 メンテナーオブジェクトに登録された担当者または電子メールアドレスから irr-admin@nic.ad.jp までお問い合わせください。 ご連絡いただく前には、 該当するメンテナーオブジェクト管理下のオブジェクトがJPIRRデータベースよりすべて削除されていることをあらかじめご確認ください。
(最終更新日:2020-08-21)


Q.8-15 JPIRRサービスで行われているガーベージコレクターとはなんですか。
A.8-15 JPIRRサービスでは、登録された内容の信頼性向上の取り組みとして、 一定期間、 登録内容が更新されなかったオブジェクトを自動削除する機能を提供しています。 詳しくは「IRRオブジェクトガーべージコレクターの運用について」をご参照ください。
(最終更新日:2020-08-21)


Q.8-16 ガーベージコレクターにより削除される予定のオブジェクトが記載された電子メールが届きました。どのように対応すればよいのですか。
A.8-16 まずはじめに、 電子メールに記載されたオブジェクトの登録内容を確認してください。 登録内容が最新の状態ではない場合には、登録内容を更新してください。 登録内容が最新の状態となっている場合には、 changedフィールドの日付のみを更新してください。 これらいずれかの対応をお取りいただくことで、 オブジェクトの更新期限が延長された状態となります。
(最終更新日:2020-08-21)


Q.8-17 ガーベージコレクターで閲覧不可処理が行われるとどうなるのでしょうか。
A.8-17 該当するオブジェクトが検索できなくなります。
(最終更新日:2020-08-21)


Q.8-18 ガーベージコレクターで閲覧不可処理が行われたオブジェクトを再度登検索できるようにしたい場合には、どのような対応を行えばよいのですか。
A.8-18 オブジェクトの種類により対応が異なります。
メンテナーオブジェクト
メンテナーオブジェクトはJPIRR管理者により再度登録する必要があります。 閲覧不可処理までの間にお手元に届いた通知のメールを引用のうえ、 irr-admin@nic.ad.jp までご連絡ください。
メンテナーオブジェクト以外のオブジェクト
メンテナーオブジェクトが閲覧不可処理を行われていない状態であれば、 ご自身にてオブジェクトを登録可能です。 データベースにオブジェクトが登録されれば、 検索できるようになります。
(最終更新日:2020-08-21)


Q.8-19 オブジェクトの更新期限はどのように確認できますか。
A.8-19 オブジェクトの更新期限の確認ページ から参照することが可能です。
(最終更新日:2020-08-21)


Q.8-20 JPIRRに関する問い合わせ先を教えてください。
A.8-20 JPIRRに関する質問は irr-query@nic.ad.jp までお送りください。
(最終更新日:2020-08-21)

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.