メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

Q&A-Web申請システム

このページに掲載されているのは2014年1月6日時点の情報です。
Q.9-1 資源管理者略称と資源管理者番号の関係を教えてください。
A.9-1 資源管理者略称と資源管理者番号はJPNICデータベースと資源管理者契約管理に利用いたします。 略称、番号は特にそれぞれが連動するものではありません。
(最終更新日:2014.01.06)


Q.9-2 Web申請システムを使用するのに適したブラウザを教えてください。
A.9-2 稼動確認をしているブラウザ種別は以下の通りです。
Microsoft Windows (98/Me/2000/XP)
Internet Explorer 6.0以上、Netscape 4.7以上(6.xは対象外)、Mozilla 1.6以上、Opera 7.23以上
  • Macintoshはご利用できません。
  • 各ブラウザは日本語版の製品バージョンに限リます(β版、他言語版の製品バージョン等は稼動確認していません)。
詳細につきましては、 Web申請システムのログイン画面よりご確認ください。
(最終更新日:2007.02.26)


Q.9-3 『[注意] ブラウザの設定で JavaScript を有効にしてください。』と表示されました。どうすればいいですか?
A.9-3 ブラウザによって異なります。以下をご参照ください。
Internet Explorer
ブラウザのメニューバーより、 「ツール(T)」メニューの「インターネットオプション(O)」を選択し、 「インターネットオプション(O)」ダイアログ画面で、 「セキュリティ」タブ内の「セキュリティレベル」が「中」になっていることを確認してください。
Netscape
ブラウザのメニューバーより、 「編集(E)」メニューの「設定(E)」を選択し、 「設定」ダイアログの画面で、カテゴリ「詳細」内の「Java Scriptを有効にする」がチェックされていることを確認してください。
Opera
ブラウザのメニューバーより、 「ファイル(F)」メニューの「設定(E)」を選択し、 「設定」ダイアログの画面で、 カテゴリ「マルチメディア」内の「Java Scriptを有効にする」がチェックされていることを確認してください。
(最終更新日:2004.03.16)


Q.9-4 なぜJavaScriptを使用するのですか?
A.9-4 項目のチェックなどをサーバ側でなくブラウザ側で行うことによりレスポンスの向上を図るためです。
(最終更新日:2004.03.16)


Q.9-5 なぜクッキーを使用するのですか?
A.9-5 各ユーザーのシステムへの接続を保持するためです。
(最終更新日:2004.03.16)


Q.9-6 Web申請システムにログインして席を離れ、しばらくしてから戻って続きをしようとしたらログアウトされてしまいました。なぜでしょうか?
A.9-6 一定の時間の間サーバに対して何もアクションがないと、 サーバ側で切断するようになっているためです。 恐れ入りますが再度ログインしなおしてからご利用ください。
(最終更新日:2005.06.15)


Q.9-7 IPアドレス管理指定事業者なのですが、IDとパスワードが合っているはずなのにWeb申請システムにログインできません。
A.9-7 2010年4月18日をもって、 IPアドレス管理指定事業者としてアドレスを管理するためのIDとパスワードは廃止となりました。 ログインには電子証明書が必要です。 電子証明書の申込方法等は、以下のドキュメントをご覧ください。
(最終更新日:2014.01.06)


Q.9-8 特殊用途プロバイダ非依存アドレス、歴史的経緯をもつプロバイダ非依存アドレスおよびAS番号の割り当てを受けていますが、IDとパスワードが合っているはずなのにWeb申請システムにログインできません。
A.9-8 2013年12月27日をもって、 特殊用途プロバイダ非依存アドレス、 歴史的経緯をもつプロバイダ非依存アドレスおよびAS番号を管理するためのIDとパスワードは廃止となりました。 ログインには電子証明書が必要です。 電子証明書の申込方法等は、以下のドキュメントをご覧ください。
(最終更新日:2014.01.06)

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ