メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

IPv4アドレス利用状況アンケート調査

2001年9月20日

JPNICでは、日本における今後(1年後、 2年後)のIPアドレス需要量を予測するため、 IPアドレス管理指定事業者を対象にアンケート調査を行いました。

昨今、特に常時接続系各サービス(CATVインターネット、ADSL、 フレッツ、FTTHなど)へのIPアドレスの利用が増加しております。 そのため、今回の調査では各ISPがこれらの常時接続系のサービスのためにどのくらいIPアドレスの需要を見込んでいるかを把握するため、 サービス内容ごとの利用予測をお聞きし、 ご回答をお寄せいただきました。

以下に調査の内容および結果から見た今後のIPアドレス利用状況予測をご報告いたします。

調査目的

日本におけるIPアドレス需要予測を把握し、 これを今後のIPアドレス管理業務に役立ててまいります。

質問内容

1年後(2002年8月)、 2年後(2003年8月)時点での需要IPアドレス数の予測を、 以下のサービスごとに質問

A. 常時接続系サービス
  1. CATVインターネット
  2. ADSL
  3. フレッツISDN/ADSL
  4. FTTH
B. 非常時接続系サービス
  1. 専用線接続サービス(ユーザ割り当て)
  2. その他(ホスティング、ダイヤルアップ、インフラ等)
A+B. 需要予測ホスト数合計

対象

IPアドレス管理指定事業者 274事業者(2001年8月2日)

実施期間

2001年8月2日(金)~8月14日(火)

方法

IPアドレス管理指定事業者へ電子メールにてアンケートを送付、 電子メールにて各指定事業者より回答を回収。

アンケート結果

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2019 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.