メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
                                                        1997年 7月 10日
                                            JPNICドメイン名登録検討部会

      「権利能力なき社団」に対する OR.JPドメイン名の登録について

従来より JPNIC では,「権利能力なき社団」に対して OR.JPドメイン名の登
録を行っています.権利能力なき社団であることを確認するために,その団体
の規約(会則)の添付をお願いしています.

最近,団体としての実体がないにも関わらず,ドメイン登録用に規約のみを用
意したと見られる申請が JPNIC に提出されるケースが発生しています.また,
そのような申請を推奨するかのような文章を雑誌などで見受けることもありま
す.しかし,こうした申請は,OR.JPドメインの本来の主旨とはまったくかけ
離れたものです.虚偽申請の事実が明らかになった場合,JPNIC は当該ドメイ
ンの登録を抹消することがあります.

JPNIC では権利能力なき社団として,実体を持ちかつ以下の条件を満たした団
体を OR.JPドメイン名へ登録しています.

        「権利能力のない社団というためには,団体としての組織を備え,多
        数決の原則が行なわれ,構成員の変更にかかわらず団体が存続し,そ
        の組織において代表の方法,総会の運営,財産の管理等団体としての
        主要な点が確定していることを要する.
        (最高裁判決昭和三九・一〇・一五)」

権利能力なき社団の確認は,添付された規約と確認リストで形式的に行ってい
ます.しかし,形式的な判定による弊害が現れていることも事実です.具体的
には,確かな実体を持った団体であっても,JPNIC が「権利能力なき社団」と
判定する条件を満たさない団体はドメイン名の登録を受けられないのに対して,
判定条件を満足する団体規約のテンプレートさえ持っていれば,実体のない団
体であっても容易にドメイン名の登録を受けられるという不合理な事態が生じ
ています.また,この他にも任意団体としてジョイントベンチャー,イベント
の組織委員会,法人格を持たない組合的組織などのドメイン名登録要求や判定
に時間がかかっているなどの問題についても認識しています.

そこで,これらの要求や問題に対応するため,JPNIC ドメイン名登録検討部会
では,「任意団体に対するドメイン名登録方針の変更」について早急な実施を
目指して検討を進めるとともに,JPNIC が主催するDomain-Talk メーリングリ
ストにおいて議論や意見をいただいております.Domain-Talk メーリングリス
トについては以下のURL を御参照下さい.

        http://www.nic.ad.jp/jpnic/hottopics/domain-talk.txt

OR.JPドメインの主旨と現状をご理解いただき,今後ともルールに基づいたド
メイン名申請を行っていただきますようお願いいたします.

                                                       以    上


以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.