メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

Comment on the Green paper

We, Japan Network Information Center, hereafter abbreviated as JPNIC,
are a non-profit organization consisting of more than 200 internet
service providers in Japan, and has managed the .jp ccTLD and IP address
assignments in Japan under the principle of "Private, Bottom-Up
Coordination".

We are very proud to have been playing a very important role in the
Internet community for almost five years under this principle, and,
from this position we strongly support the four principles in the
discussion draft "A PROPOSAL TO IMPROVE TECHNICAL MANAGEMENT OF
INTERNET NAMES AND ADDRESSES", namely, (1) Stability, (2) Competition
(3) Private, Bottom-Up Coordination (4) Representation.

We would like to respond to certain points of the draft.

1. We believe that "Private, Bottom-up Coordination" in each country
   should be fully respected in the management of ccTLDs. We here at
   JPNIC, intend to continue managing and being responsible for the
   .jp ccTLD, just as we have done for these past five years on the
   principle of "Private, Bottom-Up Coordination".

2. All governments, including the US, should respect and support efforts
   by the Internet community, including ISOC, to carry out "Private,
   Bottom-Up Coordination".

3. Although we agree with the creation of "the new corporation for the
   coordinated functions" to a certain extent, we feel it is
   unsatisfactory as the discussion draft stated how the initial board
   should be setup.  We believe it should be left to the Internet
   community according to the "Private, Bottom-Up Coordination"
   principle.

Contact Information:

Japan Network Information Center
Naomasa Maruyama
Vice President/Secretary General
Fuundo Bldg. 3F, 1-2 Kanda-Ogawamachi
Chiyoda-ku, Tokyo 101-0052, Japan
Telephone:  +81-3-5297-2311
FAX(G3,G4): +81-3-5297-2312
Email: secretariat@nic.ad.jp

日本語訳: 日本ネットワークインフォメーションセンター(以下 JPNICと略す)は 200 を越える日本の ISP を会員とする非営利の団体であって、従来から "Private, Bottom-up Coordination" (以下 PBC と略す)の原則に基づき、 .jp ccTLD の管理・運用や IPアドレスの割当・管理などの業務を行ってきた。 我々はインターネットコミュニティーにおいて、およそ5年にわたって、この 原則に従って極めて重要な役割を担ってきたと自負しており、その立場から、 GPのかかげる4つの原則、すなわち、(1) Stability (2) Competition (3) Private, Bottom-up Coordination (4) Representation、を強く支持するもの である。 以下では、我々 JPNIC の立場から、GP による提案に対するコメントを述べる。 1. ccTLD の管理・運用においては、各国における PBC の原則が尊重されるべ きである。我々 JPNIC は、従来からの PBC の原則に基づき、今後とも、 .jp ccTLDの管理・運用の責任を果たし続けるつもりである。 2. 米国政府をはじめ各国の政府は、ISOC を始めとするインターネットコミュ ニティによる PBC の努力を支持・支援するべきである。 3. IANA に代わる新法人の設立の提案にはある程度賛成できるが、GP が初期 の理事会の構成にまで言及していることは不適切と考える。 PBC の原則に より、それはインターネットコミュニティーに任されるべきであると考え る。

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.