メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

日本語ドメイン名運用試験(フェーズ1)開始のご案内

各位
                                                         2000年11月6日
                                            社団法人 日本ネットワーク
                                            インフォメーションセンター

          日本語ドメイン名運用試験(フェーズ1)開始のご案内

  拝啓 時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。また、平素は(社)日
本ネットワークインフォメーションセンター(以下、JPNIC)の活動にご理解
とご協力をいただきまして、まことにありがとうございます。

  さて JPNIC では「汎用 JP ドメイン名における日本語ドメイン名に関する
技術方針」でご案内した通り、11月6日より日本語ドメイン名運用試験のフェー
ズ1(以下、フェーズ1)を開始いたします。

■フェーズ1の位置付け

  フェーズ1は、各種アプリケーションが日本語ドメイン名を扱うためのソリュ
ーションを提供しご確認いただくものではなく、日本語ドメイン名が DNS に
どのような形で設定され、運用されるのかをご確認いただける環境を提供する
ものです。具体的には、DNS のもっとも基本的な資源レコードである NS、A、
PTR に日本語ドメイン名を設定した DNS サーバを用意し、インターネット上
で参照可能とするものです。

  JPNIC がフェーズ1で JP ゾーンに設定する日本語ドメイン名は、アスキー
互換エンコーディング(ASCII Compatible Encoding)表現(以下、ACE 表現)
を使用します。したがって、DNS クライアントが当該日本語ドメイン名の ACE
表現で DNS サーバへ問い合わせた場合に、対応する NS や A レコードの値が
応答されます。つまり、当該日本語ドメイン名の名前解決が正しく行われたこ
とをご確認いただくことで、DNS クライアントからの問い合わせが ACE 表現
で行われたことをご確認いただけます。

  DNS 的には、ACE 表現の日本語ドメイン名は英数字で構成されるドメイン名、
すなわちこれまでと同等のドメイン名として扱われます。DNS は覚えにくい
IP アドレスなどのインターネット資源に意味のある名前を対応付けるサービ
スですので、ACE 表現のみを使用することは日本語ドメイン名の試験とはいえ
ません。

  したがって、フェーズ1の試験環境をご利用される方は、日本語ドメイン名
を ACE 表現に変換可能な DNS クライアントをご用意いただき、日本語ドメイ
ン名の名前解決をご確認ください。また、それにより、ご用意された DNS ク
ライアントが正しく動作したことをご確認いただけます。日本語ドメイン名を
ACE 表現に変換可能な DNS クライアントには、例えば JPNIC が配布する多言
語ドメイン名評価キット(以下、mDNkit)があります。

  なお、フェーズ1期間中の試験環境拡充項目は、逐次 JPNIC の Web ページ
などで公開していく予定です。また、今後の実用化試験は日本語ドメイン名運
用試験(フェーズ2)で、引き続き実施する予定です。

■フェーズ1で設定される日本語ドメイン名、およびその扱いについて

  JPNIC がフェーズ1で JP ゾーンに設定する日本語ドメイン名は、前述の通
り ACE 表現を使用します。フェーズ1開始時の ACE 方式としては、RACE
(Row-based ACE、draft-ietf-idn-race-02.txt)を採用します。RACE による
ACE 表現は BQ--(BQ の大文字小文字の区別はありません)で始まる文字列で
識別されます。フェーズ1開始時には採用しませんが、RACE 以外の ACE 方式
の候補として BRACE(Bi-mode Row-based ACE、draft-ietf-idn-brace-00.txt)
という方式もあり、BRACE による ACE 表現は -8Q9(Q の大文字小文字の区別
はありません)で終わる文字列で識別されます。

  フェーズ1開始時に設定される日本語ドメイン名は

  日本語ドメイン名試験.JP

です。当該日本語ドメイン名は、JPNIC が管理する適切な DNS サーバ上に、
以下のように設定されます。

  $ORIGIN JP.
  BQ--3BS6KZZMRKPDBSJQ4EYKIMHTKQGYUZU2CM  IN NS ns1.nic.ad.jp.
            IN NS ns2.nic.ad.jp.

  $ORIGIN BQ--3BS6KZZMRKPDBSJQ4EYKIMHTKQGYUZU2CM.JP.
  @ IN A  202.12.30.250

  $ORIGIN 30.12.202.in-addr.arpa.
  250 IN PTR  BQ--3BS6KZZMRKPDBSJQ4EYKIMHTKQGYUZU2CM.JP.

  フェーズ1開始にともない、日本語ドメイン名の ACE 表現と認識され得る
BQ-- で始まる文字列、および -8Q9 で終わる文字列は、予約ドメイン名とし
て追加指定します。本措置は、「属性型(組織種別型)・地域型 JP ドメイン
名登録等に関する技術細則」の「3.3 予約ドメイン名の追加指定」の規定にも
とづきます。

  同時に、「日本語ドメイン名試験.JP」など JPNIC がフェーズ1で JP ゾー
ンに設定する日本語ドメイン名として選択する文字列も、予約ドメイン名とし
て追加指定します。本措置は、「汎用 JP ドメイン名登録等に関する技術細則」
の「3.2 予約ドメイン名の追加指定」の規定にもとづきます。

■フェーズ1環境へのアクセス手順

  フェーズ1環境へのアクセス手順については、以下の Web ページをご参照く
ださい。

  http://www.nic.ad.jp/ja/idn/phase1/access.html

■利用者メーリングリスト

  フェーズ1開始にともない、JPNIC が提供する日本語ドメイン名運用試験環
境、および JPNIC が配布する mDNkit の利用者間の情報交換を支援する目的
で、以下の公開メーリングリストの運用を開始します。

  メーリングリスト名:
    mdnkit-users@nic.ad.jp

  参加方法:
    以下の Web ページをご参照ください。
    http://www.nic.ad.j/jp/member/ml/index.htmll#subscribe

■問い合わせ先

  本件に関するお問い合わせは、以下までメールでお願いします。

  お問い合わせ先メールアドレス:
    idn-cmt@nic.ad.jp


以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ