メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ
                                                          2001年5月7日
各位
                                            社団法人 日本ネットワーク
                                            インフォメーションセンター
                                      株式会社 日本レジストリサービス

日本語ドメイン名運用試験(フェーズ2)開始のご案内


  JPNIC では「汎用 JP ドメイン名における日本語ドメイン名に関する技術方
針」でご案内した通り、5月7日より日本語ドメイン名運用試験のフェーズ2
(以下、フェーズ2)を株式会社日本レジストリサービス(以下、JPRS)と
協同で開始いたします。なお、フェーズ1についての詳細は「日本語ドメイン
名運用試験(フェーズ1)開始のご案内」をご参照ください。

■フェーズ2の位置付け

  フェーズ1の位置付けは、各種アプリケーションが日本語ドメイン名を扱う
ためのソリューションを提供しご確認いただくものではなく、日本語ドメイン
名が DNS にどのような形で設定され、運用されるのかをご確認いただける環
境を提供するものでした。具体的には、JPNIC が指定した日本語ドメイン名の
NS、A、PTR レコードを JP ゾーンのネームサーバに設定し、インターネット
上で参照可能としたものでした。

  フェーズ2もフェーズ1と同様に、日本語ドメイン名が DNS にどのような形
で設定され、運用されるのかをご確認いただける環境を提供するものです。フェ
ーズ2では、フェーズ1で指定した日本語ドメイン名に加え、汎用 JP ドメイン
名として登録されネームサーバ設定が行われた日本語ドメイン名を JP ゾーン
のネームサーバに設定し、インターネット上で参照可能とします。

  フェーズ2は、IETF で多言語ドメイン名の正規化方式および文字エンコーディ
ング方式の標準化(Proposed Standard RFC化)が終了するまで継続します。
標準化終了の時期は未定ですが、現在の進捗状況から、本年末頃が見込まれて
います。

■フェーズ2で設定される日本語ドメイン名、およびその扱いについて

  フェーズ2で JP ゾーンに設定する日本語ドメイン名は、フェーズ1と同様に
アスキー互換エンコーディング(ASCII Compatible Encoding)表現(以下、
ACE 表現)を使用します。したがって、フェーズ2の試験環境をご利用される
方は、日本語ドメイン名を ACE 表現に変換可能な DNS クライアントをご用意
いただき、日本語ドメイン名の名前解決をご確認ください。また、それにより、
ご用意された DNS クライアントが正しく動作したことをご確認いただけます。
日本語ドメイン名を ACE 表現に変換可能な DNS クライアントには、例えば
JPNIC が配布する多言語ドメイン名ツールキット(以下、mDNkit)があります。

  フェーズ2で JP ゾーンに設定する日本語ドメイン名の ACE 方式はフェーズ
1と同様、RACE(Row-based ACE、draft-ietf-idn-race-03.txt)を採用します。
RACE による ACE 表現は BQ--(BQ の大文字小文字の区別はありません)で始
まる文字列で識別されます。

  なお、多言語ドメイン名の文字エンコーディング方式の標準として RACE が
採用される可能性は非常に低いと見込まれています。したがって、フェーズ2
終了後、本運用への移行の際には、フェーズ2で JP ゾーンに設定した日本語
ドメイン名の文字エンコーディング方式の変更が見込まれます。あらかじめご
承知おきください。

  フェーズ2開始時に、JPNIC はフェーズ1で指定した日本語ドメイン名

        日本語ドメイン名試験.JP

に

        閲覧試験.日本語ドメイン名試験.JP

を追加します。当該日本語ドメイン名は、JPNIC が管理する適切な DNS サー
バ上に、以下のように設定されます。

        $ORIGIN JP.
        BQ--3BS6KZZMRKPDBSJQ4EYKIMHTKQGYUZU2CM  IN NS   ns1.nic.ad.jp.
                                                IN NS   ns2.nic.ad.jp.

        $ORIGIN BQ--3BS6KZZMRKPDBSJQ4EYKIMHTKQGYUZU2CM.JP.
        @                       IN A    202.12.30.250
        BQ--3CK3FCNHRJTJUEY     IN A    202.12.30.244

        $ORIGIN 30.12.202.in-addr.arpa.
        250     IN PTR  BQ--3BS6KZZMRKPDBSJQ4EYKIMHTKQGYUZU2CM.JP.
        244     IN PTR  BQ--3CK3FCNHRJTJUEY.BQ--3BS6KZZMRKPDBSJQ4EYKIMHTKQGYUZU2CM.JP.

  フェーズ2で設定される上記以外の日本語ドメイン名は、汎用 JP ドメイン
名として扱われます。

■フェーズ2環境へのアクセス手順

  フェーズ2環境へのアクセス手順については、以下の Web ページをご参照く
ださい。

        http://www.nic.ad.jp/jp/research/idn/index.html#phase2

■利用者メーリングリスト

  JPNIC および JPRS が提供する日本語ドメイン名運用試験環境、および
JPNIC が配布する mDNkit の利用者間の情報交換を支援する目的で、以下の公
開メーリングリストを運用しています。ぜひ、ご参加ください。

        メーリングリスト名:
                mdnkit-users@nic.ad.jp

        参加方法:
                以下の Web ページをご参照ください。
                http://www.nic.ad.j/jp/member/ml/index.htmll#subscribe

■技術に関する問い合わせ先

  本件に関する技術的なお問い合わせは、以下までメールでお願いします。

        お問い合わせ先メールアドレス:
                idn-cmt@nic.ad.jp

■登録に関する問い合わせ先

  日本語ドメイン名のご登録に関するお問い合わせは、以下までお願いします。

        株式会社日本レジストリサービス
                TEL:  03-5297-2571 (10:00~18:00; 土日祝祭日を除く)
                Mail: info@jprs.jp

                                                                  以上
      

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ