メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

2001年6月4日

各位

JPNIC IDN-TF

多言語ドメイン名ツールキット(mDNkit)バージョン2.1 リリース配布開始のご案内

 JPNIC は 6月4日に「多言語ドメイン名ツールキット(mDNkit)」バージョン2.1 リリースの配布を開始しました。mDNkit の取得方法や利用方法については以下の URL をご参照ください。

http://www.nic.ad.jp/jp/research/idn/index.html#mdnkit

 mDNkit-2.0.1からmDNkit-2.1への主な変更点は以下のとおりです。

  • runmdn コマンドのサポートおよび Solaris2.x 等への対応
  • BIND 9 patch のサポート、対応バージョンは BIND 9.1.2
    -新しい IETF draft (IDNA) に従い、周辺ツール dig, host, nslookup へのパッチとなります。named およびリゾルバへのパッチは含まれておりません。
  • libmdn ライブラリの高レベルインタフェースマニュアルの追加
  • mdnconv コマンドへの一文字オプションの追加
  • mdnconv, mdnsproxy コマンドへの -version オプションの追加
  • Squid 用パッチの対象バージョンを 2.4.STABLE1 に変更
  • configure に --with-preference=TLD オプションを追加
    - これにより、TLD 向けの mdn.conf.sample を生成し、設定ファイルをmdn.conf としてインストールするようになります。現在のところ有効な TLD は jp のみです。
  • patch/libiconv/libiconv-1.6.1.patch に libiconv-1.6.1 を NetBSD 1.5でコンパイルする際の問題を修正するパッチを収録
  • Linux RPM 用の spec ファイルの差し換え
  • その他、軽微なバグの修正

     mDNkitバージョン2.0.1リリースの配布開始のご案内については以下のURLをご参照ください。

    http://www.nic.ad.jp/jp/topics/archive/2001/20010406-01.html

     mDNkitについてのバグレポート、コメントは以下にお願いします。

    バグレポート:
    mdnkit-bugs@nic.ad.jp
    コメント:
    idn-cmt@nic.ad.jp

     mDNkit利用者および日本語ドメイン名運用試験環境利用者間の情報交換を行うためのメーリングリストを開設しています。 ぜひご参加ください。

    メーリングリスト:
    mdnkit-users@nic.ad.jp
    参加方法:
    以下のURLをご参照ください
    http://www.nic.ad.jp/jp/member/ml/index.html#subscribe

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ