メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
J┃P┃R┃S┃----------------------------------------------------------
━┛━┛━┛━┛

2001年8月27日発表
報道関係者各位




株式会社日本レジストリサービス(JPRS)


   JPRSが日本語JPドメイン名のWEB閲覧の新サービスを本日より開始
-Internet Explorerを用いて、日本語JPドメイン名でのWEB閲覧が続々可能に-


 JPドメイン名の登録・管理を行う、株式会社日本レジストリサービス(略称
JPRS、 住所:東京都千代田区、代表取締役社長 東田幸樹)は本日、マイク
ロソフト社の Internet Explorer(以下IEと表記)を用いて、英数字のJPドメ
イン名のみでなく「日本語JPドメイン名」のWEBページを閲覧できるサービス
を本日8月27日(月)午前0時より開始したと発表しました。この閲覧サービスは、
米国のRealNames社(住所:米国カリフォルニア州レッドウッド シティ市、
CEO兼社長:キース・ティア)の技術を利用しています。


  本サービスにより、ユーザはIE(バージョン5.0以降)のアドレスバーに直
接、「日本語JPドメイン名」(先頭の「http://」を除いたURL)を入力するだ
けで、特殊なプラグインやクライアントソフト無しに、所定のサイトにアクセ
スすることができます。本サービスは、ユーザが入力した日本語JPドメイン名
を現インターネットで扱えるASCII互換文字列に自動的に変換して、その文字
列をドメイン名としてWebサーバにアクセスするというものです。
 
  本サービスで「日本語JPドメイン名」を持つWEBページを閲覧するためには、
ドメイン名登録された方が事前にネームサーバとWEBサーバの設定をする必要
がありますが、この設定を済ませ「日本語JPドメイン名」でWEB閲覧できるサ
イトが続々と増えています。閲覧可能なサイトは、企業、団体、商品・サービ
ス名など、多岐にわたっています。JPRSは今回のサービス開始により、多くの
インターネットユーザの方に「日本語JPドメイン名」が利用可能な環境を実感
していただくことが、日本語ドメイン名の利用環境を一層充実させ、利用者の
利便性向上につながるものと考えています。


  なお、JPRSが7月31日に本サービスの開始を発表して以来、「日本語JPドメ
イン名」の登録数は日を追って増加しています。サービス開始発表後3週間(8
月1日から21日)の「日本語JPドメイン名」の登録数は発表前の3週間(7月11日
から31日)に比べ約3割増加しており、本サービスがドメイン名利用者から期待
されていることがわかります。

  日本語JPドメイン名をASCII互換文字列に変換するアルゴリズムは現在、
IETF (Internet Engineering Task Force)により、標準化作業が進んでおり、
これにはJPRSも参加しています。今回はその過程で提案されたACE方式の中の
RACEという変換方式を用いています。IETFによって国際化ドメイン名(多言語
ドメイン名)の変換方式の標準化の最終決定が行われた後は、RealNames社を含
め各種アプリケーションも標準技術に従うことになるため、JPRSもその方式に
従う方針です。
 
  JPRSは、今回のサービス開始により、紛争が少なく信頼性が高い、ドメイン
空間が広い、など数多くのメリットを持つ汎用JPドメイン名のさらなる利用促
進を目指しています。

―本サービスにより「日本語JPドメイン名」でWEB閲覧できるサイト―
 (WEB閲覧可能なサイトから無作為・順不同に抽出、敬称略)

 <企業・団体名>              <日本語JPドメイン名>
・エスビー食品株式会社          エスビー食品.jp
・カルピス株式会社            カルピス.jp      
・株式会社資生堂             資生堂.jp
・株式会社セガ              セガ.jp
・株式会社高島屋             高島屋.jp
・チョーヤ梅酒株式会社          チョーヤ.jp
・日本航空株式会社            日本航空.jp
・ぴあ株式会社              ぴあ.jp
・株式会社ファミリーマート        ファミリーマート.jp
・株式会社ブルボン            ブルボン.jp
・日本語ドメイン名協会                 日本語ドメイン名協会.jp
・社団法人日本ネットワーク                ジェーピーニック.jp
  インフォメーションセンター(JPNIC)       
・株式会社日本レジストリサービス(JPRS)   日本レジストリサービス.jp
                     ジェーピーアールエス.jp
<キャンペーン名>
・大阪市立大学 銀杏祭                  銀杏祭.jp
・東京工業大学 工大祭           工大祭.jp
・奈良女子大学 恋都祭           恋都祭.jp


* 詳細な動作仕様や制限については弊社のホームページをご覧ください。
* JPRSはIETFの標準化が行われたときはその方式に従いますが、その方式は
   RACEとは限りません。
* 本サービスはJPRSにより今後変更されることがあります。
* 本サービスにより日本語JPドメイン名を用いてWeb閲覧することは無料ですが、
   日本語JPドメイン名の登録には所定のドメイン登録料・維持料がかかります。
  また、ネームサーバ・WEBサーバの設定を業者に依頼する場合の費用は業者
   にお問い合わせください。


― RealNames社から、下記の言葉をいただいています。―

  リアルネームズのドメイン名解決サービスは国際化ドメイン名(IDN)を参
照可能にします。このサービスは、独自の言語の文字を使ってウェブを閲覧す
る際、新たにソフトをダウンロードする必要がないため、エンドユーザには負
担を一切かけません。同サービスは各地域の言語とインターネットドメイン名
システム(DNS)をつなぐ掛け橋となります。この仕組みは、ユニコードに基
づき、あらゆる言語の文字(や筆記体活字)を読み込み、アドレスをDNSが読
み込める形式に変換することで、インターネット・エクスプローラ5.0以上を
使用するユーザのIDNを参照可能にするというものです。
 リアルネームズ社のCEOであるキース・ティア氏は、「多言語ドメイン名使
用策の一つとして、JPRSは日本語を使用するユーザを対象に、負担なく容易に
導入できる策を打ち出した。」また、「JPRSは今日のインターネットが直面す
る非常に重大な問題を取り上げている世界のリーダ的存在であり、我々はJPRS
と共同で顧客にこの重要なサービスを提供することができ、大変嬉しく思って
いる。」と話しています。

---------------------------------------------------------------------------
■ 本件に関するお問い合わせ先

株式会社日本レジストリサービス(JPRS) 企画室
   TEL: 03-5297-2571  FAX:03-5297-2572
e-mail: press@jprs.jp
   URL: http//jprs.jp/
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町1-2風雲堂ビル3F

****************************************************************************

J_P_R_S_--------------------------------------------------------------------
-
Press Release

August 27, 2001
Japan Registry Service, Co., Ltd. (JPRS)

JPRS today launches a new service for browsing Japanese JP domain names
- Japanese JP domain names become accessible with Internet Explorer -

 Japan Registry Service, Co., Ltd. (Chiyoda-ku, Tokyo; President Koki
Higashida), the company responsible for registration and management of
JP domain names, today announced that it launched on August 27 a
service which enables users of Internet Explorer version 5.0 or later
(hereafter "IE") to access web pages that have JP domain names in
Japanese characters. This service uses technology developed and
operated by RealNames Corporation (Redwood City, California; CEO &
President Keith Teare).

 With this service, Internet users can access web sites simply by
entering a Japanese JP domain name (without "http://") in the IE
address bar, without plug-ins or special client software. The service
automatically encodes the Japanese JP domain name that has been
entered to an ASCII compatible string, which is the standard usage of
a domain name, and then accesses the web page designated by the
resulting string.

 Though it is necessary that the domain name registrant appropriately
set up a name server prior to use in order to browse web pages with
Japanese JP domain names, there are increasing number of sites that
have already set up such servers and can be accessed by Japanese JP
domain names. Japanese domain names of browsable sites range from
company and organization names to product and service names. JPRS
believes that this resolution service will enable more Internet users
to truly experience and utilize Japanese JP domain names. It provides
greater use of Japanese JP domain names and will improve convenience
for the users.

 Since the launch of this service was announced on July 31, the number
of registered Japanese JP domain names has been increasing; an
approximate increase of 30% in the first three weeks of August
compared to the last three weeks of July indicates users' high
expectations for this service.

 The encoding algorithm used in resolving international domain names
is now being standardized by IETF, and JPRS is taking part in the
process. JPRS now uses an algorithm called RACE as an ACE method,
which was proposed during the standardization process. Once such an
algorithm has been standardized, JPRS intends to follow the
standardized technology that the RealNames mechanism, as well as
various client applications, will employ.

  With the launch of this resolution service, JPRS intends to promote
the use of the general-use JP domain name space, which is reliable and
has very few chances of dispute.

* For specifications and restrictions of the service, please refer to
  our homepage.
* JPRS will abide by the results of the IETF standardization process,
  which may result in an algorithm other than RACE.
* Specifics of this service are subject to change.
* Browsing using this service with IE is free of charge. When ordering
  the installation of a name server/web server, please inquire of your
  service provider as to the details.

Message from Keith Teare, CEO and President of RealNames Corporation:

 "RealNames Resolution Services successfully resolve internationalized
domain names (IDNs). This service is transparent to the end user, who
uses his own language and character set to navigate the web, without
downloading any additional software.  RealNames Resolution Services
act as a bridge between a local language and the Internet's Domain
Name System (DNS). Based on Unicode, RealNames Resolution Services
resolve IDNs for users of Internet Explorer 5.0 and above, by reading
any language's characters and script and encoding the address in a
form that can be read by the DNS."

 "JPRS has moved decisively to offer a transparent, easy-to-implement
solution for multi-lingual domain names to Japanese Internet users,"
said Keith Teare, CEO, RealNames Corp.  "JPRS is one of the world's
leaders in addressing what is a critical issue facing the Internet
today.  We are delighted to work with JPRS to help them provide this
important service to their customers."

JPRS Contacts:
Corporate Planning Office
E-mail: press@jprs.jp
URL : http://jprs.jp/

      

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.