メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

2002年12月12日

JPトップレベルドメインの再委任請求に関するIANA報告書について

 2002年2月8日に、IANA(Internet Assigned Numbers Authority)が "IANA Report on Request for Redelegation of the .jp Top-Level Domain" を発表しました。

 これは、JP ccTLD(国別トップレベルドメイン)を、 現在の委任先である村井純(JPNIC理事長)から株式会社日本レジストリサービス (JPRS)に再委任する旨の請求を、 2001年12月に同社がIANAに行ったことを受けて発表された報告書であり、 IANAはここで、JP ccTLDの再委任請求は適切であるとの結論を出しています。

 これにより、 JPNICが2000年12月の総会決議に基づき進めてまいりましたJPドメイン名登録管理業務のJPRSへの移管計画が、また一歩実現に近づいたことになります。

"IANA Report on Request for Redelegation of the .jp Top-Level Domain"
http://www.iana.org/reports/jp-report-08feb02.htm

 この報告の日本語訳「JPトップレベルドメインの再委任請求に関するIANA報告書」(JPRS訳)は下記URLをご参照ください。 なお、公定訳とは性質が異なりますのでご利用の際は留意頂きますようお願い申し上げます。

http://jprs.jp/info/news/redelegation/ianareport.html

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ