メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
プリント用ページ

2002年2月22日

各位

社団法人日本ネットワーク
インフォメーションセンター

多言語ドメイン名ツールキット(mDNkit)バージョン2.3.1
リリース配布開始のご案内

 JPNICは2002年2月22日に「多言語ドメイン名ツールキット(mDNkit)」バージョン2.3.1リリースの配布を開始しました。mDNkitの取得、および利用方法についての詳細は、以下のURLをご覧ください。

 多言語ドメイン名に関する技術解説:
http://www.nic.ad.jp/jp/research/idn/index.html

 mDNkitバージョン2.2.3からの主な変更点は、以下の通りです。

  • NAMEPREP-07 に対応した。
  • AMC-ACE-Z の正式名称 "Punycode" を解釈するようにした。これに伴い、configure のオプション --with-amc-ace-z-prefix を廃止して --with-punycode-prefix を追加した。
  • libmdnliteを追加した。libmdnliteは、libmdnのAPIがあつかうローカルエンコーディングをUTF-8に固定し、ローカルエンコーディング変換機能を省略した、iconvライブラリ非依存の軽量版ライブラリである。
  • libmdn(libmdnlite) が環境変数 MDN_DISABLE を認識するようにした。これにより、libmdn(libmdnlite) を使ったアプリケーションは、IDN 対応機能が無効になる。
  • BIND 8.3.1 用のパッチを追加した。
  • BIND 9 パッチで、dig、host、nslookup 以外のバイナリが libmdn とリンクしないように修正した。

 mDNkitについてのバグレポート、コメントは以下にお願いします。

バグレポート:
mdnkit-bugs@nic.ad.jp
コメント:
idn-cmt@nic.ad.jp

 mDNkit利用者および日本語ドメイン名運用試験環境利用者間の情報交換を行うためのメーリングリストを開設しています。 ぜひご参加ください。

メーリングリスト:
mdnkit-users@nic.ad.jp
参加方法:
以下のURLをご参照ください
http://www-3.nic.ad.jp/ja/profile/ml.html#mdn

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2019 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.