メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

2002年4月1日

各位

社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

「.JP」の登録管理・運用サービスがJPNICからJPRSへ

本件に関連するプレスリリース

 皆様におかれましては、平素より(社)日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)の活動にご理解とご協力を頂き誠にありがとうございます。

 さて、本日2002年4月1日、JPNICは、JPドメイン名の登録管理業務を株式会社日本レジストリサービス(JPRS)に移管いたしました。この業務移管により、これまでJPNICが行なってきたJPドメイン名の登録管理・運用サービスは、本日からJPRSが提供していくことになります。

 JPNICは、今後もJPドメイン名の管理体制の一翼を担い、その公共性を担保する責務を果たしていくことになります。また、JPドメイン名紛争処理方針の策定および関連業務については、引き続きJPNICが実施していきます。

 さらに、JPドメイン名レジストリデータのデータエスクロー関連業務、ドメイン名全般についての情報センター業務、ICANN(アイキャン:The Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)を中心とする国際的なドメイン名のルール作りへの参画、そして、ドメイン名およびDNSに関する調査研究など、多岐にわたるドメイン名事業を通じて、インターネットコミュニティの発展のために貢献していく予定です。

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ