メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

2002年9月10日

各位

社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

AP地域のAC選挙開催、荒野氏が当選

 ICANN(The Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)の ASO(Address Supporting Organization)のアジア太平洋地域のAC(Address Council) の任期満了に伴う改選が、 2002年9月5日、北九州小倉でのAPNIC Open Policy Meeting開催中に行われました。

 アジア太平洋地域のACは3名で、そのうち1名が今回改選となりました。

 JPNICでは、JPNICの活動についても理解が深く、現任のACメンバーとして、 またAPNICアドレスポリシーSIGのチェアとして、ICANNやAPNICの活動に貢献しており、 JPNIC IPアドレス検討委員でもある荒野高志氏(株式会社インテック・ネットコア) を候補者として推薦しました。

 投票の結果、荒野氏が再選されました。 2003年1月より、以下の新しい体制でのスタートとなります。

●荒野高志 (JP)
 Seung-Min Lee(KR)
 Kenny Huang(TW)
(●が今回当選)

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ