メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:

2003年4月15日

各位

社団法人 日本ネットワークインフォメーションセンター

JPNIC理事 前村昌紀がAPNIC EC議長に選任される

 JPNIC IPアドレス担当理事である前村昌紀が、 この度APNIC(Asia Pacific Network Information Centre)のEC (Executive Council)議長に任命されました。 日本人でEC議長を務めるのは、 高橋徹氏(インターネット戦略研究所代表取締役会長)に続き二人目となります。

 前村理事は、1996年よりJPNIC IPアドレス検討部会にメンバーとして参加し、 2002年からはIPアドレス担当理事を務め、 日本のIPアドレス管理に貢献してまいりました。 また2000年からは、APNIC ECメンバーとしてAPNICの運営に関わってきたほか、 APNICと各国NIRとの議論の場である、 オープンNIRミーティングでチェアを務めるなど、 国内に限らずアジア太平洋地域におけるIPアドレス管理に関わる活動を幅広く行ってきております。

 日本のIPコミュニティからAPNIC EC議長を輩出したことは、JPNIC会員、 IPアドレス管理指定事業者、またJPNICにとってもその意義は大きく、 今後も議長として益々の活躍が期待されます。

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。