メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:

2003年6月30日

各位

社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター
株式会社日本レジストリサービス

日本語ドメイン名運用試験(フェーズ2)終了のお知らせ

 社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC) と株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は共同で、 「日本語ドメイン名運用試験(フェーズ2)」*1を実施してきましたが、 日本語JPドメイン名登録管理サービスのRFC準拠化の開始*2に伴いまして、 本運用試験を7月10日をもって終了致します。

日本語ドメイン名運用試験(フェーズ2)で提供されてきたRACEによる名前解決から Punycode(RFCで規定された国際化ドメイン名(IDN)の標準プロトコル) による名前解決への移行の詳細につきましては、 「日本語JPドメイン名のRFC準拠に伴う移行について」*3 を参照いただきますようお願い致します。

 また、RFC準拠のアプリケーション開発における動作確認用として、 JPRSよりWebブラウザからのアクセス確認用エコーバックサービス*4を提供致します。 このサービスは、 これまで日本語ドメイン名運用試験(フェーズ2) で提供してきたサービスと同様の機能を有しております。 ご活用いただければ幸いです。

ご不明な点などございましたらinfo@jprs.co.jpまでお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。

*1 http://www.nic.ad.jp/ja/idn/phase2/
*2 http://jprs.co.jp/press/030623.html
*3 http://jprs.jp/info/notice/ace-transition.html
*4 http://jprs.jp/info/notice/030630.html

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。