メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

2003年7月31日

各位

(社)日本ネットワークインフォメーションセンター

JPNICデータベースに登録できる電子メールアドレス
およびネームサーバホスト名の形式について


拝啓 皆様にはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

 この度、国際化ドメイン名(IDN)登録方法に関する枠組みがICANNから公開さ れたことを受け、ドメイン名レジストリでRFC準拠方式による国際化ドメイン 名の登録管理サービスが始まりつつあります。

 これに伴いJPNICが運用するIPアドレスの割当情報を管理するデータベース (JPNICデータベース)において、連絡先などの情報として電子メールアドレス およびネームサーバホスト名を登録する項目に、下記の通り制限を設けます。

 データベースに登録する電子メールアドレスやネームサーバホスト名は、イ ンターネットを利用する誰もが普遍的にアクセスできる必要があります。この ため、電子メール、DNSでの国際化ドメイン名の利用環境が十分に整うまでは この制限を設けることといたしました。

 皆様のご理解、ご協力をお願い申し上げます。

敬具


対象

「電子メールアドレス」「ネームサーバホスト名」を登録する各項目


制限事項

  1. 日本語JPドメイン名等の国際化ドメイン名を使用できないものとします。
    例:「taro@会社名.jp」「ns.会社名.jp」
  2. 国際化ドメイン名のASCIIエンコード表記の形式である「**--」("*" は任意のASCII文字)で始まるドメイン名を使用できないものとします。
    例:「taro@xn--6OQ93JCS2B.JP」「ns.xn--6OQ93JCS2B.JP」

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ