メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

2003年8月5日

各位

社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

WIDEプロジェクトとJPRSが災害時や非常時に向けて
「JP」ドメインサーバの本格的な可用性確保策を実施

- JP DNSの地理的分散化、サーバ名の統一を開始 ‐


 大規模・広域の分散型コンピューティング環境の構築を目指すWIDE Project (以下WIDE、代表:慶應義塾大学 教授 村井純)と、 JPドメイン名の登録管理およびドメインネームシステム (DNS)の全体管理と運用を行う株式会社日本レジストリサービス (以下JPRS、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:東田幸樹)は、 「JP」ドメインサーバの東京・大阪における本格的な分散運用を開始しました。 また、これらサーバ名は、 JPRSが直接管理する統一的なもの(A~F.DNS.JP)への移行を開始しました。 これにより、災害時や非常時などにおいて、 より高い可用性を提供することが可能になりました。

 詳しくはJPRSプレスリリースをご覧ください。

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2019 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.