メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

2003年 8月 19日

各位

社団法人 日本ネットワークインフォメーションセンター


WHOISへの網羅的検索を防止するための仕様変更について


拝啓 時下益々ご盛祥の事とお慶び申し上げます。

JPNICデータベースに登録されている情報には、ネットワーク情報、AS情報、 担当者情報(個人情報)などがあります。
これらの情報の一部はネットワーク管理を目的とした利用のためにWHOISによ り公開しています。(http://www.nic.ad.jp/doc/jpnic-00818.html)

WHOISから得た情報をもとにしたダイレクトメールなどの営業活動や、網羅的 検索による個人情報の侵害など、目的外利用の事例が幾度も見受けられますが、 WHOISの仕組み上、そのようなユーザに対してWHOISの利用を停止する、という 措置は難しいのが事実です。

このため、WHOISの目的外利用を実効性のある形で防止するため、10月上旬に 以下の2つの措置を実施することとしました。

  • WHOISにおける網羅的検索の手段として用いられることが多い部分一致検索機能については、その提供を停止します。

JPNICのIPアドレスのWHOISは、JPRSのJPドメイン名のWHOISと共同で運用して おり、今回の2つの措置はJPドメイン名のWHOIS検索に対しても適用されます。

敬具


仕様変更日

2003年10月上旬

WHOIS(whois.nic.ad.jp)で変更するサービス


部分一致検索の停止:

全ての項目で部分一致検索機能を終了します。終了する内容の詳細は下記の通りです。

・ 「...」オプションを指定することで部分一致検索となる機能の削除

対象: 担当者情報
- a. [JPNICハンドル]

・ 「...」オプションを指定しなくても部分一致検索となる機能の削除

対象: ネットワーク情報
- f. [組織名]
- g. [Organization]
担当者情報
- c. [Last, First]
- f. [組織名]
- g. [Organization]
例: 組織名に「エグザンプル」と指定した場合、組織名が株式会社エグザンプルや有限会社エグザンプルインクなどの組織名のネットワーク情報は検索できなくなります。

大量検索への対応の実施:

特定のユーザからWHOISに大量の検索が行われた場合、そのユーザからのアクセスを一時的に制限します。

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.