メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:

2003年8月22日

各位

社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

ウイルスメール配送のお詫び


本日(2003年8月22日 9時50分から10時20分にかけて)、ウイルス(Sobig.F)が添付されたメールを、複数の方々に配送してしまうという事故が発生しました。

ウイルスが添付されたメールをお受け取りになられた皆様には、大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。深くお詫び致します。

お手数をおかけ致しますが、二次感染の被害に遭われぬよう、ウイルス駆除等の処置を施して頂きますようお願い申し上げます。

本件のウイルスは「W32/Sobig」の亜種と考えられます。このウイルスに関する情報は、以下のURLに説明がありますので、ご参考までにお知らせ致します。

http://www.ipa.go.jp/security/topics/newvirus/sobig-f.html

事故の概要としましては、本ウイルス(Sobig.F)に感染したノートパソコンが社内に持ち込まれ、ウイルスメールの配送事故に繋がりました。

今後、このような事故が再発せぬよう対策を施してまいりますので、ご理解とご協力をお願い致します。

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。