メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:

2003年9月25日

ICANNがワイルドカードサービス一時停止要請に対する
VeriSignの回答を発表

 ICANNは、VeriSignのワイルドカードサービスに関する注意勧告に対し、 2003年9月21日付で同社から寄せられた回答を発表しました。

 VeriSignは、同社のワイルドカードサービスに対する懸念を考慮し、 ICANN理事長であるVint Cerf氏、 および「セキュリティと安定性に関する諮問委員会」 チェアであるSteve Crocker氏と会合を開き、 同問題に関する情報交換を行うとしています。 また、ワイルドカードサービスが及ぼすオペレーション上の影響を評価するための情報収集・分析を行う独立の技術検討委員会を設置したということです。

 ICANNから同サービスの一時停止要請を受けたことに関しては、 同社において情報収集・検討を行う前になんらかの措置を取ることは時期尚早であるとし、 同サービスが及ぼすオペレーション上の影響評価を完了した後には、 適切な措置を取ると伝えています。

VeriSignからの回答(2003年9月21日)

"Letter from Russell Lewis to Paul Twomey"(21 September 2003)
http://www.icann.org/correspondence/lewis-to-twomey-21sep03.htm

<参照>
ICANNがVeriSignのワイルドカードサービスに関する注意勧告を発表(2003年9月22日)
http://www.nic.ad.jp/ja/topics/2003/20030922-01.html

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。