メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

2003年10月1日

※以下は、2003年9月30日付ICANNアナウンスをJPNICにて翻訳したものです。

VeriSignのワイルドカード実施に関するICANN「セキュリティと
安定性に関する諮問委員会」特別会議について

 (2003年9月30日、カリフォルニア州マリナデルレイ)  ICANNの「セキュリティと安定性に関する諮問委員会」(SECSAC)は本日、 VeriSignが最近実施した.com/.net トップレベルドメインのレジストリ運用への変更に関して情報を収集するため、 2003年10月7日に特別会議を開催すると発表しました。

 SECSACは、インターネットのルートサーバ運用管理者、レジストラ、 TLDレジストリを含む、 インターネットのパイオニアおよび技術専門家により構成されるICANNの諮問委員会です。

 2003年9月15日、 VeriSignは.comおよび.netゾーンに「ワイルドカード」を導入しました。 VeriSignのワイルドカードは、 本来ならば「no domain」という回答を得るはずのトラフィックを、 VeriSignが運営するウェブサイトにリダイレクトし、 検索結果および有料広告へのリンクが表示されるようになっています。

ワイルドカードが導入されて以降、インターネット・アーキテクチャ・ボード(IAB)、 SECSAC、および他のグループが個別に声明を発表し、 インターネットの核となるインフラストラクチャへの今回の変更について、 またそれがインターネットの安定性に及ぼす影響について、懸念を表明しています。

 SECSACでは、ICANN、技術コミュニティ、さらに、目前にあるこの問題について、 またインターネットの重要な部分が互いにどのように影響し合っているのかについて理解しようとしている一般コミュニティの人々に役立つよう、 今回の特別会議後に報告書を発表する予定です。

 会議は、2003年10月7日(火)午前10時~午後4時 (※日本時間 10月8日(水)午前0時~午前6時)に、 下記の場所にて開催されます。

 The Center for Strategic and International Studies
 <www.csis.org>
 1800 K Street NW
 Washington, DC 20006

 会議は無料で、誰でも参加できます。 <http://register.icann.org>にて事前登録をして下さい。 またICANNでは、この会議をウェブキャストで生放送することを計画しています。 会議のアジェンダ、背景資料、ウェブキャストの手続きなどの詳細事項については、 <http://secsac.icann.org>でご覧になれます。

 会議に向けて、ICANNおよびSECSACでは、 .com/.netワイルドカードの影響に関する一般からの意見・報告を募集しています (意見・報告の送付先:<secsac-comment@icann.org> )。

 SECSACに関する追加情報は <http://www.icann.org/committees/security/>にてご覧になれます。 .com/.netワイルドカードに関する情報ページは <http://www.icann.org/general/wildcard-history.htm>に掲載されています。

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.